競争から逃れ、新たな市場を開拓する「ブルー・オーシャン戦略」

4939viewsyakiyama0310yakiyama0310

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)

概要

競争から逃れ、新たな市場を開拓する。
そのような戦略を「ブルーオーシャン戦略」と呼ぶ。
斜陽産業であったサーカス・ビジネスを変えたシルク・ドゥ・ソレイユがそれにあたる。

本書では「ブルーオーシャン戦略」における分析方法、策定の方法、そして実行の方法を著者の長年の研究を基に明らかにしていく。

ブルーオーシャンとレッドオーシャン

 レッドオーシャン: 既存の市場空間でのパイのシェアを奪い合う競合
 ブルーオーシャン: 新しい市場空間の創造によって競争を無意味とする戦略
 バリューイノベーション: ブルーオーシャンでは価値を高めながら、低コストを実現

ブルーオーシャン戦略に共通する3つの特徴

 メリハリ: 力を入れる要素を絞り込むことにより低コストを実現
 独自性: 4つのアクションによって独自の価値曲線を実現
 キャッチコピー: 独自性がなければ訴求力のあるキャッチコピーは生まれない

ブルーオーシャン戦略における主要な分析方法

 戦略キャンバス: 自社の価値曲線を作ることにより、既存の市場空間の現状と自社の現状を把握
 4つのアクション:「減らす、増やす、取り除く、付け加える」を基に価値曲線を刷新
 アクションマトリックス: 4つのアクションを漏れなく実行するためのツール

ブルーオーシャン戦略の策定における基本原則

 競争を避けてブルーオーシャンを創造
 全体像を把握し、新たな需要を掘り起こす
 正しい順序で戦略を考えることによってリスク回避

ブルーオーシャン戦略の実行における基本原則

 ティッピング・ポイント・リーダーシップによって組織のハードルを乗り越える
 資源配分にメリハリをつけることによって限られた資源でもブルーオーシャンを創造
 公正なプロセスで戦略を実行

所感

これまでの経営戦略論はレッドオーシャンを前提として展開されてきた。
しかしこれからの時代、企業はブルーオーシャンを創造しなければ、その企業はレッドオーシャンから抜け出せず、差別化と低コスト化の選択を迫られる。

ブルーオーシャンを創造するための戦略が体系化された本書では実際に創造されたブルーオーシャンの例を基に、分析方法、策定方法そして実行方法まで詳しく解説している。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く