武器としての決断思考「ディベート思考」を身につける方法

4304viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
武器としての決断思考 (星海社新書)

概要

京都大学で20歳前後の学生に教えている「意思決定の授業」

今なぜ若者に意思決定が大事なのか?

■いまこそリベラルアーツを学ぶ
 ・リベラルアーツ=人間を自由にするための学問
 ・古代ギリシャで奴隷と非奴隷を分けるのがリベラルアーツ(教養)の役割
 ・現代社会も、上の世代が作ったシステムにからめとられる奴隷になっている
 ・今こそ、リベラルアーツを身につけ、自由になるべき

■武器を身につける
 ・今の若者はゲリラのような存在
 ・自由と解放を求めて、戦場に立たないといけない
 ・戦場に立つためには、武器がないと生き残れない

■武器として「意思決定」を身につける
 ・右肩上がりの時代は、国が全部考えて決めてくれた
 ・若い世代は、今後も自分で考え、決めなければならない場面が増える
 ・現時点で最善だと思える「意思決定」を行っていかないといけない

■ディベート=意思決定の具体的な方法
 ・ディベートの考え方が、意思決定の大いに参考になる

ディベートの4つのルール

①特定の議論について議論する
②賛成側と反対側に分かれる
③話す順番、発言時間(制限時間)が決まっている
④第三者を説得する
※テレビ討論・2ちゃんねる・ツイッターはルールが守られておらず、ダメな議論の典型

ディベート思考

■正解ではなく、「いまの最善策」を導き出す
 ・複数の視点や違う意見をぶつけ合い、修正し、いまの最善策を出す

■結論の内容以上に「結論にいたる道筋」が重要
 ・前提や根拠がつくがえることはよくある
 ・もしも結論が間違っていてもすぐに修正すればいい
 ・ブレないのが賞賛されるのは、ルールの決まったスポーツくらい
 ・すぐにルールが変わるビジネスでは戦略もころころ変えないと生き残れない

■議論は「具体的な行動をとるべきか否か」にする
 ・二者択一は思考が拡散せず、必ず結論が出せる
 ・大きな問題は2つ、3つの小さな問題に小分けして同時に考える

■メリットとデメリット3条件を考える
 ・メリットの3条件
  ①内因性:なんらかの問題がある
  ②重要性:その問題が深刻である
  ③解決性:行動によって問題が解決する
 ・デメリットの3条件
  ①発生過程:行動をとったときに、新たな問題が発生する過程
  ②深刻性:問題の深刻性
  ③固有性:現状ではそんな問題は起きていない

■反論はメリット、デメリット3条件に対して行う
 ・相手が挙げる3条件に対して、それぞれツッコミを入れることができれば反論になる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


shantishanti
「■メリットとデメリット3条件を考える」の部分がわかりづらい。買って読むか。

コメントを書く