Parrots Law練習方法「英語耳 発音ができるとリスニングができる」

4032viewsFumiFumi

このエントリーをはてなブックマークに追加
英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

本の主旨

日本人が英語を聞き取ることができない理由として、「日本人が英語の正しい発音を知らない」というのがある。
本書では、「Parrot's Law」というオリジナルメソッドを用いて英語耳を作る。

Parrots Law練習方法

練習は以下3ステップ
1.歌を使った練習(300回)
2.短い会話を使った練習(100回)
3.少し長い題材による練習(100回)

■ステップ1
自分が好きな洋楽の曲を使用する

1-1 聞き流す(1〜100回)
1-2 発音記号付きの歌詞カードを見ながら聞く(101回〜200回)
1-3 一緒に歌う(201〜300回)

■ステップ2
VOA(http://www.voanews.com/)等の短い会話を使用する

2-1 30回は原稿を見ないで聞く
2-2 次の30回は原稿を見ながら聞く
2-3 次の30回は口に出して発音をまねる
2-4 最後の10回は原稿を見ずに、リスニング

■ステップ3
English Journal(アルク)やCNN English Express等の長めの題材を使用する

3-1 初めの30回は原稿を見ないで聞く
3-2 次の30回は原稿を見て聞く
3-3 次の30回は発音
3-4 最後の10回は原稿を見ずにリスニング

英文読書のススメ

・最初のうちは、とにかく辞書を引きまくる
・ペーパーバックを読む
・具体的な目標語彙数は、アルクの「標準語彙水準12000」
・英文法はForestを使用
・語法は辞書を使用

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く