老化を防ぐ!毒出しの秘方「アーユルヴェータ的老化防止法」

2784viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
老化を防ぐ!毒出しの秘方 (ベスト新書)

概要

インドで数千年前から伝承されている医学体系を最新の科学で再編集・再統合されたマハリシ・アーユルヴェータ的老化防止法

3つのエネルギー

■ひとのからだにある3種類のエネルギー「ドーシャ」
 ①ヴァータ:動きを司るエネルギー
  ・血液循環や呼吸など風のパワーで体内の循環をスムーズにする
 ②ピッタ:変換を司るエネルギー
  ・新陳代謝や消化など火のパワーで食べたものを血肉にする
 ③カパ:構造を司るエネルギー
  ・組織や骨など水のパワーで結合する

■3つのエネルギーが安定すると健康状態
 ・3つのパワーのベストなバランスが人それぞれ存在する
 ・ベストな状態が保てれば、人は健康な状態でいられる
 ・3つのドーシャは食生活や生活環境の乱れによってそれぞれ乱れてしまう

■ドーシャが乱れると起こる現象
 ・ヴァータ:冷え性、カサカサ肌
 ・ピッタ:炎症、消化不良
 ・カパ:むくみ、鼻水
 ⇒ヴァータを整えることが、肌のアンチエイジングにつながる

ヴァータを整える生活習慣

■なるべく避けようヴァータを乱す習慣
 ・睡眠不足、不規則な睡眠、遅い時間の就寝
 ・活動のしすぎで疲労が激しい
 ・人間関係や生活に変化がおきる
 ・煙草、煙、ほこりなどをたくさん吸い込む
 ・外出、出張、旅行が多い
 ・うるさい音、テレビ、ヘッドフォンの音を連続してきく
 ・スピーチやカラオケをしすぎる
 ・風にあたってからだを冷やしすぎる
 ・排尿、排便、喉の乾きなど、生理的欲求をがまんする
 ・長時間空腹でいる
 ・乾燥した屋外や部屋に長時間いる

■ヴァータを整える習慣
 ・早寝をする(遅くとも22時半には布団に入る)
 ・食事や睡眠など規則正しい生活
 ・いつもからだを温かく保つ
 ・オイルマッサージや半身浴をする
 ・静かな環境で自然と過ごす
 ・過度な疲労や外出を避け、こまめに休憩
 ・家具や照明など、部屋に明るい色をいれる
 ・長時間の空腹は避ける
 ・過度な不安や心配、恐怖をあおることを避け、リラックスする
 ・朝陽や夕陽を眺める

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く