花火玉の基礎情報と全国の花火競技大会

2465views鷹森雀ノ介鷹森雀ノ介

このエントリーをはてなブックマークに追加
花火の図鑑

これは珍しい花火の図鑑です。見て楽しい読んで納得。思った以上に奥が深いです。職人さんに脱帽。

花火玉

・一番小さいもの2号玉(5.6センチ)
・一番大きいのは40号(120センチ)←世界一おおきい
フツウの花火大会では3号から5号くらい使われる。
・厳密に言うと、号数は玉の直径ではなく、打ち上げ筒の内径。
10号で外径30センチ、重さ9000グラム。結構でかい。打ち上がる高さは330メートル、開く直径280~300メートル。

全国の花火競技大会

・隅田川花火大会(東京都墨田区・台東区ほか)
 江戸時代1733年からの歴史をもつ

・全国花火競技大会 大曲の花火(秋田県大仙市)

・土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)

・伊勢神宮奉納全国花火大会(三重県伊勢市)

・全国新作花火競技大会(長野県諏訪市諏訪湖畔)
 1983年より開催され、若手花火師のみが参加できる大会

感想

一言に花火と言っても奥が深い。種類も豊富だし年々新しい花火も生まれているのでしょう。これで知識を固めてから花火大会を見に行くと、いつも以上に美しく見えるはず。

花火の図鑑

花火の図鑑

  • 泉谷玄作

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く