古今東西の成功者たちからの名言に学ぶ人生の扉を開ける鍵

6694viewshigmagmahigmagma

このエントリーをはてなブックマークに追加
扉の法則 希望と幸せに満ちた人生の扉をひらく50の鍵

「すべての壁は扉である」(ラルフ・ウォルド・エマーソン)
古今東西の成功者たちからの名言・格言・逸話などを元に、人生の扉を開ける鍵を見つけることができる一冊

夢をかなえる

・失敗への恐怖が夢をかなえる上で最大の障害となる
 → 新しいことや難しいことに挑戦するのを避けてしまう

・努力を惜しんで短期間で成功しようと思ってはいけない
 → 近道が見つかったら要注意。それは幻想である可能性が極めて高い

・一般に問題に対して二つの解決策があるときは、単純なものを選ぶほうが得策
 → 真理は単純なものの中に隠されている

・そのうちという日は当分来ない
 → あいまいな表現を使っている限り、思いを実行に移すきっかけがつかめない

・どんなチャンスも期限付き
 → いち早く行動を起こしてチャンスをつかんだ人が成功をおさめる

・少しでも傲慢な態度をとっている自分に気づいたら初心に立ち返る
 → 軌道修正をし、謙虚さを忘れない

人とうまくやっていく

・何も与えずに、もらうことばかり考えてはいけない

・「人間関係を円満にする秘訣」(ジョン・マクスウェル)
 → 最も重要でない存在は「私」
 → 最も重要な存在は「私たち」
 → 最も重要な言葉は「ありがとう」
 → 最も重要な心がけは「すべてを水に流す」
 → 最も重要な問いかけは「あなたの意見は」
 → 最も重要な励ましは「あなたはよくやった」
 → 最も重要な働きかけは「あなたをもっとよく理解したい」

・誠実な気持ちで相手の自尊心を高める
 → いつでもどこでも無償でできる親切な行為

・いくら心の中で思っていても、言葉で表現しない限り相手には絶対に伝わらない

・ネガティブな人といると、ネガティブであることに抵抗感がなくなる

幸せに働く

・仕事をして不幸を感じる
 → その仕事はあなたに向いていないか、心の持ち方が間違っている

・言い訳を思いつくだけの創造性があるのなら、その創造性をもっと有効に利用すべき

・小さな仕事をいい加減にする人は、大きな仕事でも全力を発揮することができない

・人はみな、口には出さなくても、自分の存在価値を実感させて欲しいと願っている

逆境を乗り越える

・ピンチに見舞われると絶望し、そのまま自滅してしまう人があまりにも多い
 → 希望を持ち、チャンスを捜し求めることができるかどうかで明暗を分ける

・成功の秘訣は、あきらめなかったこと

・失敗するのは、世の中が「その方法ではうまくいかない」と教えてくれている証

・「すべての壁は扉である」(ラルフ・ウォルド・エマーソン)
 → どんなに頑丈そうな壁でも、全力で押し続ければ、いずれその壁は扉となって突破口が開ける

・途中で壁が立ちはだからないようなことは、もともとたいしたことではない

豊かに生きる

・健全な魂は健全な肉体に宿る
 → ネガティブな考え方は、ネガティブな状況、病気さえも引き寄せてしまいやすい

・業績を上げる条件は強い精神力。それを支える基盤となるのが体力

・人間の心の状態はそれにあった環境を作り出す
 → 雑然とした環境の中で生活し仕事をしているとしたら、要注意

・自分が有意義だと思えるなら、どんな目標でもいい。それに一生懸命打ち込むこと

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く