「器が小さい人」にならないための行動。自分の「器」の大きさを知る方法

107995viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
「器が小さい人」にならないための50の行動 脳科学が教えるベストな感情コントロール法

概要

「器が小さい人」にならないための50の行動よりポイント紹介!

自分の「器」の大きさを知る

■怒りを感じたら、一呼吸する
 ・器の小さい人の怒り「衝動的」「あからさま」「コントロール不能」
 ・器の大きな人の怒り「計画された」「内に秘めた」「コントロール可能」
 ・怒りを感じたら、まずは一呼吸をして、気分を落ち着かせる

■優先順位をつけてワーキングメモリーを管理する
 ・ワーキングメモリー:「ちょっとの間だけ覚えておく」記憶
 ・ワーキングメモリーが低下すると、注意を制御ができなくなる
 ・理由もなくイライラして怒りっぽいのは、ワーキングメモリーが低下している状態
 ・ワーキングメモリーを管理するには、一度にいろいろやりすぎないこと
 ・優先順位をつけて後回しに保留する、メモして一時的に忘れてみるのが効果的

■怒ってしまったら反省する
 ・怒ってしまったら、開き直らずに、反省をしてみる
 ・反省をすると前頭葉が鍛えられて、怒りをコントロールできるようになる

■逆転学習の能力を身につける
 ・逆転学習:最初と途中で条件を逆転させて気づくかどうか行う実験
 ・脳に損傷がある人は、健康な人よりも気づくのが遅い
 ・逆転学習の概念は、過去の成功体験に状況の変化に対応できる能力あるかのチェック
 ・逆転学習の能力があれば、キレにくく、忍耐強くなっていける

■行き詰ったら、他人の脳で考える
 ・リフレーミング:見方の転換(「もう半分」⇒「まだ半分」と考える)
 ・怒りや不安を感じたら、他人の脳で考えて、リフレーミングしてみる
 ・他人の脳で考えると、多様な価値観を受け入れられ、自分の器が大きくできる

■嫉妬を感じても気にしない
 ・「敵わないライバルの不幸」を見ると、脳の線条体(快楽に関する部位)が活性化する
 ・ライバルの不幸を見ると、快楽を感じるのは固有の性格ではない
 ・人間なら誰しも他人の不幸を喜んでしまうメカニズムが存在する
 ・イヤな感情が浮かんでも、自分の度量が狭いわけではないのでそのまま受け入れる

■器の大きい身近な人のマネをする
 ・ミラーニューロン:他者の行動を見ても、自分が同じ行動をしたように神経が働く
 ・他人の行動や態度を見るだけでも、学習や経験ができる
 ・ロールモデルは歴史上や架空の人物よりも、目にできる身近な人物がベター

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く