頭の悪い人の思考法の特徴

14578viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭のいい人、悪い人の思考法

概要

頭のいい人に生まれ変わるための処方箋

気づかない人

■人の話を聞かない
 ・コミュニケーションが成立するのは自分が情報を発信したときではない
 ・成立するのは、相手が情報を受信したとき
 ・どんなに発言量が増えようが、相手が受信しなかったら意味がない
 ・相手の受信量を増やすには、こちらが聞く姿勢を見せる

■仕事が遅い人
 ・スケジュール管理では常に安全バッファを確保する
 ・仕事の手順はパズルと考えて、持ち時間を上手に使う

■説明がくどい人
 ・説明がくどいのは、相手の知的レベルを信用していないから
 ・人を信頼するのも、立派な能力の一つ

■物事の本質に気づけない
 ・全く異なる事柄にも意外な類似点があるもの
 ・世の中の相似形探しをすると、違う視点で物事を見れる
 ・歴史や他人の経験から、自分が直面している問題の解決策が学べる

未熟な人

■「最近の若いやつは!」と怒る人
 ・マナーは善悪をはっきりと決められないグレーゾーン
 ・グレーゾーンは常に時代とともにゆっくり変化しているもの
 ・自分の時代の価値観が絶対ではない

人のいい人

■報告が遅い人
 ・仕事では待たせるほど相手の要求水準が高くなる
 ・問題を先送りすれば、複利計算で膨らむ
 ・悪い内容でも無報告よりはマシ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く