やってはいけないランニング!意外と知らないランニングのルール

17117viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
やってはいけないランニング (青春新書INTELLIGENCE)

概要

短時間のトレーニングで最大限の効果を上げるランニングのトレーニング方法

意外と知らないランニングのルール

■ランニングを始めたくなっても、いきなり走り出さない
 ・ランニングは他のスポーツよりも誰でも手軽にできてしまうスポーツ
 ・だからこそ、スキルについて考えずに好きなだけ走り続けてしまう
 ・トレーニングを無駄な努力しないために、まず最低限のルールを覚える

■正しいフォームにこだわりすぎない
 ・正しいフォームはあってないようなもの
 ・大切なのは自分が走ってみての感覚を信じること

■ランニングシューズは軽さで選ばない
 ・ランニングシューズを軽やかに走りたいからと、軽さ優先で選ばない
 ・シューズ選びで大切なことは、自分の体型に合ったものを選ぶこと
 ・シューズを変えるだけで、足の痛みが引くケースもある

■ダイエット目的なら、息が切れる速さで走ってはいけない
 ・脂肪をエネルギー源として燃やすためには酸素が必要
 ・ダイエット目的なら、鼻で「ふんふん」と呼吸できる程度で走る

■走行距離を増やすために、毎日走ってはいけない
 ・走行距離を意識すると、省エネの走りが身についてしまう
 ・自分の持っているスピードが出せず、タイムが頭打ちになる

■練習プランに従順すぎない
 ・初心者ランナーの場合、成長のタイミングは3ヶ月後
 ・90日程度すると血液中のヘモグロビンの量が増加して、呼吸がラクになる

■いつも決まったコースを走ってはいけない
 ・走力の向上を考えているなら、日々違うコースを走るほうが効果が高い
 ・同じコースだと、かかる負担がかわらず、筋繊維への刺激が小さい

■ウォーミングアップ=ストレッチではない
 ・ストレッチはランニング前の準備としては50%くらい
 ・体操やジョギングも行うのが最適

■スピードがでないから、と腕を振ってはならない
 ・ただ前後に腕を振れば、前に進むエネルギーになるほど単純ではない
 ・「腕を振らなければ」と意識するほど、力みが生じ走りのブレーキになる

■走る筋肉づくりのために筋トレしてはいけない
 ・ランニングに必要な一番の筋力は、「跳ぶ力」
 ・腕立てやスクワットでは、跳ぶ動作はなく、跳ぶ力は鍛えれない

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く