「地球は狙われている」 電波女と青春男の書評・感想

2115viewsもあふりーもあふりー

このエントリーをはてなブックマークに追加
電波女と青春男 (電撃文庫)

中身

「……イホコ……」

ド田舎の小中の生活からおさらばし、
この宇宙人が見守ると噂されるこの街で、
俺こと丹羽真(ニワマコト)の”青春ポイント”獲得ミッション(具体的には女のこと甘酸っぱい高校ライフ大作戦)は
スタートした。

が、叔母・藤和女々(トウワメメ)の住む東京の家には知らされてなかった同居人の
布団ぐるぐる電波女、藤和エリオ(トウワエリオ)がいた。
(叔母と二人だと思ってたのに…)

彼女は俺の青春ポイントが低下する要因であり、
本ミッションを阻害する根源でもある。

新しい高校での天然癒し系な爽やか健康娘・御船流子(ミフネリュウコ)⇒以下リュウシさん

や、
モデルさんもびっくり長身(コスプレ)少女・前川さん(マエカワ)⇒下の名前知らない
との青春ポイント急上昇的出会いを果たしたのに
俺の隣には頭も見た目もぐーるぐるな電波女がいるわけで……

俺の青春はどうなってんのー!?

感想

キャラ設定と主人公がめちゃくちゃ面白い!!

藤和エリオ⇒人間なのに宇宙人。(例:「地球は狙われている」)
藤和女々⇒テンション可笑しい39歳(例:「だってー、叔母さんもちょっと前まで学生だったもーん」)
御船流子⇒めちゃくちゃ天然少女(例:「リュウシじゃなくてリュウコやっちゅうに」)
前川さん⇒不思議なクールちゃん(例:「こんばんは、サンドイッチウーマンです。」)

等々、個性的なキャラばかりでめちゃくちゃうけます!!
読んでて含み笑いしてしまうほど…
主人公の突っ込みも本当に面白いし、なんか色々ありえない。

文の攻勢も入間人間(イルマヒトマ)さん独特で、
読みにくいと感じる方と私と同じように読みやすいと感じる方がいると
思いますが、ぜひ読んでもらいたいような一冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く