20代のうちに知っておきたい お金のルール38の3つのポイント「姿勢」「行動」「発想」

14255viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
20代のうちに知っておきたい お金のルール38

姿勢

■勝てる土俵でとことん努力する
 ・お金の大原則は、才能あって頑張っている人のものに一極集中する
 ・単に努力をしているだけの人なら、永遠にお金持ちにはなれない
 ・頑張るだけではなく、確実に勝てる土俵で頑張らなければ意味がない
 ・勝てる土俵がないならば、自分で土俵を創る

■子どもにはお金ではなく、生き様を残す
 ・生き様という知恵は生涯の宝
 ・目の前の人を笑顔にする知恵があれば、どんな時代も生きていける

■好きな人と好きな人生を送るために、生涯賃金を早く稼ぎ終える
 ・お金持ちは1年で生涯賃金2億円を稼ぎ終える方法を考えたからお金持ちになれた
 ・生涯賃金を生涯かけて稼ぐという発想から抜け出す

行動

■支払うつもりがないのに、支払う演技をしない
 ・お金持ちのルールでは建前や社交辞令はとことん嫌われる
 ・信用の対極である嘘をお金持ちは嫌う

■自分が目標とする年収と人たちと頻度高く接する
 ・年収を上げたかったら、普段一緒にいるグループの年収を高くする

■交渉は、いつも自分が「ちょい負け」状態で終わると決める
 ・お金持ちは多くの人に応援された結果
 ・「ちょい負け」の蓄積がその人の人望を構築し、人生の応援団を増やしていける

■新しい出逢いを求めるよりも、二度と会わない人をまず決める
 ・新しい出会いを求めるには、自分の実力を磨く必要がある
 ・自分の実力を磨くには、時間が必要
 ・時間を生み出すには、二度と会わない人を決めること

■一度やってみる合わないと直感したら今後いっさい近づかない
 ・平均点というのは社会では”即0点”という評価が下される
 ・苦手科目は捨てて、捨てた分を才能に磨きをかける

発想

■時給ではなく、生まれてから今日までの蓄積給で年収は決まる
 ・年収はこの世に生まれてから今日までの「才能×努力」の蓄積で決まる
 ・今の年収を何十倍にしようと思ったら、今の延長線上にはない
 ・「才能×努力」をいかに大きくしていくかを考える

■「ありがとう」と言われてお金をいただける仕事を目指す
 ・サービスの価格>価格と感じた瞬間が「ありがとう」と伝えてもらえる瞬間
 ・「ありがとう」と言われる人や会社は、リピーターや紹介で溢れ返っている

■高い物を買うためではなく、好きな物を買うためにお金が必要
 ・高い物も安い物を含め、自分が好きな物を買えることが本当の贅沢

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く