お金がいままでの10倍速く貯まる法に学ぶお金が貯まる「仕組み」

12091viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
お金がいままでの10倍速く貯まる法

お金が貯まる「仕組み」

■お金が貯まる方程式「収入―貯蓄額=生活費」
 ・給料が入ったら、貯めたい金額を天引きする
 ・自動積立的貯金や財形貯蓄で強制的に引いてしますと楽に貯まる

■「収入」と「支出」をラクラク管理できる方法 
 ・家計簿をつけるのは、メリットが少ないので続かない
 ・レシートの束をクリアファイルに貯めておいて、月1回チェックする
 ・引き落とし口座は一箇所にまとめてみる

■固定費を見直す
 ・会員ビジネス(月定額○円)は提供する側にとって魅力的
 ・買い手側から見たら、「月定額○円」には注意が必要
 ・携帯、プロバイダ、クレジットカードの年会費は見直してみる

■リボ払い・キャッシングは「借金」と心得よ 
 ・キャッシングは年利が高すぎて馬鹿馬鹿しい
 ・リボ払いは、金利は高くていつまでも元本も減らない(提供する側は美味しい)

生きたお金の使い方

■絶対に元を取る
 ・企業はお金を払ってもらうために日々努力している
 ・頭を使わない人はどんどん企業のカモにされてしまう
 ・買うときは「絶対に元を取る」という気持ちで買う
 ・iPadならば、「iPadアプリ開発で販売」など儲け方まで考えてから買う

■”高級””メジャー”という言葉に踊らない
 ・高級感あふれるイメージを作るためにパッケージや流通・広告費用がかかっている
 ・そのコストはその商品の料金に、その分上乗せさせられている

■フリー(無料)とは撒き餌である
 ・タダ、破格の値段はフロントエンド(顧客を集める)商品
 ・本当に買わせたいバックエンド商品を売るための餌
 ・「○○が無料で配布!」ならば、企業が本当に売ろうとしている商品を考えてみる

■「自分が使った後、売れるか?」を計算してみる
 ・人気の商品ならば、中古で買ってみる
 ・数年使った後も、人気があればほぼ同じ値段で売ることができる商品がある

税金の話

■会計よりも税金を学ぶ
 ・ビジネスマンならば会計を学べという空気がある
 ・会計は学んでも、直接稼いでお金を増やしたりはできない
 ・税金を学ぶと、運や才能に左右されず合法的にお金を残せ、1年以内に成果も出せる

投資術

■暴落は買いのサイン
 ・メディアを賑わす頃にはもう遅い
 ・メディアは過熱してからしか報道しないので、そこが市場のピーク
 ・なのに大半の人は、メディアの報道を見て市場に参入する(だから儲からない)
 ・勝てる投資は、平均的な人と正反対を向かわないといけない

稼ぐ力

■稼ぐ力を持つ
 ・稼げる人にはお金が集まるし、いい情報も集まる
 ・稼げる人は、お金と情報を元にもっと稼げるのでますますお金持ちになる

■これから10年で、年収が上げる
 ・希少性、独自性のあるアウトプットができる
 ・蓄積がモノをいう仕事をすれば、すぐには他人に追いつかれない
 ・労働時間よりも、より付加価値のあるアウトプットを出す

関連まとめ

本のまとめカテゴリー

コメントを書く