ユダヤ式学習法を学んで、子どもの教育・育児に活かして、子どもの学力を伸ばす方法

3804viewsらくだイクメンらくだイクメン

このエントリーをはてなブックマークに追加
ユダヤ式学習法―わが子の学力がグングン伸びる

ユダヤ式学習法とは?

■ユダヤ式学習法を学んで、子どもの教育・育児に活かして、子どもの学力を伸ばす。ユダヤ式は授業でやった内容を、子どもが家で親に説明することで、習ったことを「わかる」というレベルまであげる方法です。

■ユダヤ式で身につくもの
1.やる気
2.親子のコミュニケーション
3.ディベート力・論理思考

■2ステップで聞き出す
1.勉強以外の話を聞く(特に悩みやグチ)
2.勉強の話を聞く
→ ユダヤ式をやってみよう

ユダヤ式をやってみる

■聞くときは知らないフリをしてやるのもよい

■ユダヤ式に興味を持たせる
→ ユダヤ人がすごいということを伝え、ユダヤ人に興味を持ってもらう
→ ユダヤ人はユダヤ式をやっていることを伝え、やってみようという気にさせる
→ 週3、4日でやりはじめてみる

■ユダヤ式の手順
1.役割:子どもが先生、親が生徒になってやってみる。
2.禁止事項を伝える(早口や省略)
3.まずは何も見ずに授業で習ったことを子どもに説明してもらう
4.できない場合はノートを見て説明してもらう

■楽しくやるのが大事
→ 親は生徒役に徹する
→ ホワイトボードを活用して先生役を楽しく

■親が導く
→ 話の組み立てがわからないときは、授業や説明の目次をつくってみる。

■ほめポイント
→ 過程をほめる
→ 成長をほめる
→ 感謝していることを伝える

ユダヤ式テクニック

■問題解説法
→ 間違えた問題に丸をしておき、子どもが解き方を理解して、親に説明する

■オウム返し法
→ 自分が説明したことを、もう一度子どもに説明してもらう

■国語の図式化
→ 2~5ページの文章を話のストーリーや伝えたいことを図にする。(チャート)

■英語の入れ替え対話法
→ 文章にある単語を入れ替えて練習する

■国語、歴史
→ なぜそうなるのか?
→ なぜそうだったのか?

■テスト対策
→ 英語は単語を覚えるとだいたい読める
→ できないところを繰り返す
→ 類題を出してあげる

■ベルトコンベア法
→ 20秒に5個ずつ覚える
→ テスト
→ 繰り返すことで覚える

■一斉集中タイムという時間を作り、家族みんなで勉強をする。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く