箱根駅伝を舞台に、大学生が燃えた!部員10人の弱小チームがどこまで、くいこめるのか? 風が強く吹いている

2394viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
風が強く吹いている

寛政大学 4 年生の清瀬灰ニ(ハイジ)は、待っていた。家賃3万円
の破格のボロアパート、青竹荘の9室全部がいっぱいになることを。残すはあと一人。ついに、その日がやってきた。万引き後の逃走中のランナー蔵原走(かける)と運命的な出会いとともに、最後の一室がうまった。そして、ついに彼の野望が明かされる。それは、箱根駅伝に、青竹荘のメンバーで出場するという、突拍子もなさそうなことを。陸上経験者の清瀬、走以外は、ほぼ素人同然の8人。一応は陸上経験者だが、現在は部屋はいつも煙で真っ白、タバコと大の仲良しのその名もニコチン大好き、ニコチャン、3年生。留年を繰り返し、後がない。既に司法試験には合格、将来安泰なクールな秀才、ユキ、4年生。漫画にしか興味のない、通称王子、2年生。そのあだなに相応しい美貌を持っている。黒人だが、理工学部の国費留学生で陸上経験なしの、ムサ、2年生。丁寧な言葉遣いが特徴。クイズ大好きの、キング4年生。サッカー経験者の明るい脳天気な双子、ジョータとジョージ1年生。そして、山奥の田舎出身の神童3年生。陸上経験者とはいえ、ただただ走りたいが、陸上となると尻込みしている様子の走。
そんな一癖も二癖もある住人を清瀬はうまく操縦し、あこがれの舞台へと徐々に近づきつつあった。しかし、あえて困難な状況をして箱根など、なぜ大それた目標を彼は掲げるのか?それには、彼なりの深いわけがあったのだ。
果たして、あこがの大舞台、箱根駅伝に、どのメンバーも脱落することなく、参加できるのか?そして待ち受けていた結果いかに?

感想

十人十色。まさにこの本にあてはまる言葉です。10人の個性キャラが生き生きと無理なく描かれていてとても楽しい。きっと誰かの気持ちに寄り添えることでしょう。ラストの、駅伝で襷をつなぐシーンで、それぞれの思いが語られる部分が上手い!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く