説明が分かりにくい原因、分かりやすい説明に必要なもの

3173viewsatsumoatsumo

このエントリーをはてなブックマークに追加
学校で教えてくれない「分かりやすい説明」のルール (光文社新書)

状況にかかわらず、自分の考えを相手に伝えることはすべて「説明」だとする著者の説明の定義に基づくと日常会話は極論、全て説明。その説明のルールについて、本質とテクニック両面を「説明」する、分かりやすい本。

分かりにくい原因

・分かりやすく説明する力は生まれ持った能力ではなくトレーニングで身につける技術
・分かりにくい原因は次の三つ
1 テーマ
目下の話題であるテーマがわからない
2 言葉
言葉そのものの意味がわからない
3  論理
説明すべきことを省略するなど論理がわからない

・重要なポイントは一度説明した知識や理屈も繰り返し「再確認」する
・100%の正確さは求めない。正確さと分かりやすさは相反する

分かりやすい説明に必要なもの

・分かりやすい説明に必要なもの
「相手に理解してもらいたいと思う意識」
「相手に合わせて表現を変えること」
・意識を変える。→説明を理解してもらえないのは自分の責任だということを自覚する。
・相手に合わせて表現を変える→同じことを別の言葉で表現する頭の柔らかさ
・頭の柔軟体操
 1 カタカナ語を見かけたら日本語に変換する
 2 人に何かを聞かれたら相手が分かる言葉と表現を探す
 3 何かの説明を見聞きする度に「自分だったらどう説明するか」を考える

表現

・表現や説明に私情や注釈をやたらと挟まない。ストレートな表現を。
・一文は短く、一つの文には言いたいことを一つだけいれる。
・主語と述語は近くに置く
・二重否定や無生物主語、動作を表さない動詞(ちゃんとするetc)を使わない。
・動きを表す名詞は動詞に変換する
・熟語が重なった言葉は分解する(etc外国為替証拠金取引)
・主語の「の」、接続助詞の「が」を使わない

意識

・目的は説明の最初に伝える
・抽象と具体を交互に繰り返す
・聞き手にとって想定外な内容、納得しずらい内容は丁寧に説明する
・説明のまとめはこまめに
・伝えるべき情報を相手に合わせて取捨選択するためにも相手のことを知ることが大事。
・原稿を書くときは読者になりきる。まずは相手に「感情移入」してみる

感想

著者は、学生時代に学生向けの経済学入門書を書いたくらい、分かりやすさについて人生のテーマと言っても過言でないほど向き合ってきたと思われる。
こまめに説明のまとめを行うなど、実際のテクニックが本書内にも存分に活かされており分かりやすい説明のルールについて書かれた分かりやすい本と言えます。
自分は読み飛ばしてしまった練習問題、のような意識を持って日常生活の中で分かりやすさと向き合うことが大事なことですね。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く