国際金融コンサルタントが教えるウォール街で学んだ稼げる人になるための3つのノウハウ

8838viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォールストリート式年収1億円の条件

稼げる人の考え方

■逆張りをする
 ・人と同じことをしている限り、人と同じ結果しか残せない
 ・優れた結果を残したいなら、人のやらないことをする

■先行投資をする
 ・仕事で給料以上のことをすると、会社(上司)が自分の価値を必ず認めてくれる
 ・上司(仕事のできる)人ほど、自分が昔頑張っていたから、頑張っている人が分かる
 ・仕事のできない人は、自分がやっていなかったから他人の頑張りが理解できない
 ・会社が認めてくれるから、給料もどんどん上がる

■相手のメリット優先で考える
 ・相手のメリット優先で考えると、相手が気持ちよく動ける
 ・気持ちよく動けたからこそ、今後は自分に大きなメリットを与えてくれる
 ・成功者ほど、相手のメリット優先が後で大きな成果を得られることを知っている

■相手のために動く
 ・自分のために動くと、自分が想像できる範囲の小さい世界しか拓けない
 ・他人のために動くと、どんどん自分の場が広がり、自分のステージが上がる

チャンスを先取る未来予測の方法

■歴史を学ぶ
 ・未来に起こる社会現象は、過去、現在にすでに起こっている
 ・リーマンショックは名前は違えど、過去に似たような現象は必ずあった
 ・未来を予測したいなら、歴史を学んで過去を分析する

■未来予測=過去の歴史の検索+自分の想像力
 ・チャートを読むときは、過去を分析して、未来のシナリオを数パターン想像する
 ・どのシナリオへ進む場合の原因となる出来事を想像できれば、予測力は高まる

■戦史を学ぶ
 ・あらゆるビジネスはお金の奪い合いで戦争と同じ
 ・戦史を読むと戦い方を学べるので、必ず役に立つ

チャンスをつかむ情報収集

■BS放送で視点を変える
 ・人が知らないことだからこそ、その情報に価値がある
 ・本日の主なニュースは、誰もが知っているから価値は小さい
 ・BSのニュースは、日本のニュース番組とは違う角度で放送される

■知識情報資産が富になる
 ・今のお金持ちは、知識情報資産を使った人たちだけ
 ・天然資源も不動産王でもないなら、知識情報で勝負するしかない時代
 ・価値がないように見えるモノや情報でも、工夫とアイデアで大きな富に化ける

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く