彼氏がいないことを恥ずかしく思う必要はない! 本当にいい恋をするためのヒント

6340viewsedoedoedoedo

このエントリーをはてなブックマークに追加
新装版 ずっと彼氏がいないあなたへ

彼氏がいないことを恥ずかしく思う必要はない! 本当にいい恋をするためのバイブル

彼氏ができない理由とは

1. これまでにまったくつきあったことがない
2. つきあい始めはするけれど長続きせず、すぐに別れてしまう

出会いがない、好きな人がいない、告白してフラれるのが怖いから、
というのはただの「言いわけ」。
本気で好きなら、傷つくことはない。
言いわけの内容に、彼氏のできない自分の真実が隠されている。
例:「出会いがない」→みずから恋愛を遠ざける
  「私なんか」→女性の魅力を半減

「フラれたら怖い」気持ちの真実

「告白すれば迷惑をかける」→本当は振られて傷つくのが怖い
→勇気のない自分を認めるのがイヤなだけ。
彼に対する感情がホンモノではないか、あるいは自己防衛しすぎて傷つくことを回避しようとしているかのいずれか。

つきあいが長続きしない理由

1.見捨てられるかも、という恐怖が因果関係をわからなくさせる
2.恋人探しをしているつもりが実際には「父親探し」をしている
3.父親に対してひそかに恨みを持っている人も、恋愛がうまくいかなくなる

いい恋愛とは何か

1.「好きな人」とは自分に心地よさや安心感を与えてくれる人
2.「いい恋愛」とは安心とリラックスがある恋愛のこと
3.「時間」よりも「質」が大切

恋愛に対するこんな思い違い

1.セックスやデートで「恋愛の度合い」を測ることはできない
2.「共感する」=「イエスマンになる」

感想

これを読むと、恋愛がうまくいくときというのは、自分自身がポジティブになれているときであることがよくわかります。
失恋して落ち込んでという時に誘ってくれる人にフラッと来ることも
あるけれど、単にやけになってるだけだったり。
「三日後日記」は、これを実行すれば自分の気持ちを整理してスッキリできそうです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く