「心身ともに健康で美しい」女性であるための過ごし方。

3374views本好きず~みん本好きず~みん

このエントリーをはてなブックマークに追加
素敵な女性の

ダイエット教室を開催している著者の書く「心身ともに健康で美しい」女性であるための過ごし方。

午前中の時間の使い方

ー朝早く起きる習慣…夜型はスローダウンしている体に鞭打っていることと同じなので効率が悪い

ー朝食を楽しむ…ヘルシー、おいしい、クイックに。主食(炭水化物)、主菜(たんぱく質)、副菜(野菜か果物)となるように。著者はパンと卵料理、野菜と果物の缶詰が朝ごはん。他にファストフードのハンバーガーと果物などでも構わない。美味しく食べることが大事

ーお弁当作り…機能性重視で構わない。市販のお弁当を食べるなら野菜を茹でたものを持参したり、オレンジやバナナなどの果物と焼き芋を持参する

ー手持ちの洋服を生かす…体は一つしかない。良い物を買ってリフォームしながら着る

ー能率的な身の回り…手帳は自身の優秀な秘書だからたくさん詰め込んで使う、バッグは自身の顔だからなるべくコンパクトに整頓して持ち歩く

ー歩くことと靴について…沢山歩けるようにパンプスは持って歩きスニーカーで移動する。ジムに通わなくても運動ができるし、交通費がかからない

ーやせることについて考える…おしゃれの基本は体型を崩さないこと。そのためには一週間単位で体重の増減を知り、少しずつベスト体重に近づける。姿勢を正すと痩せて見え、性格もポジティヴに見える

午後の時間の使い方

ー昼食のとりかた…本来一日二食だった日本人にとって昼食はファンクショナルミール(機能的食事)であるため、和定食やサラダバーのある店が好ましい。あちこちミーハーに行くよりも、栄養バランスのとれた行きつけの店を決めておく

ーお稽古事…長く続くかは先生で決まる。生き方も学べる師を。稽古事で出会った友人が思わぬところで親友になるかも

ー仕事について…ダイエットと共通項が多い。大いに迷いながら進む、ペース配分が大事など

夜時間を楽しむ

ー夕飯に向けて…昼が魚なら夜は肉、というように素材のバランスと煮・焼・蒸・炒などの調理方法のバランスを考えて効率よく作る

ー人生について考える…ストレスと上手に付き合う、短期と長期の人生目標を立てて今すべきことが核となる生活計画を立てる

ー夜八時以降のすごし方…仕事や食事は夜八時までに済ませる。夜遅い仕事や食事は眠っていた臓器を揺り起こすようなもの

ーお酒との付き合い方…ストレスを飲酒で解消しようとしない。お酒のときこそ相手には無礼講を、自分にはエレガントさを

ー明日に向けて…遅くてもその日のうちに休むこと。一番エレガントさや素敵さからかけ離れるのは翌日の電車の中でのあられもない姿での女性の居眠りである

感想

大学教授やダイエット教室の開催をしている著者がダイエット面だけでなく、あわただしく生活している現代女性に対して、エレガントで素敵な毎日をいかにして過ごすか、をエッセイ風に書いている本です。

坂東真理子氏のような「品格」に対する美意識を書いた本で、ワーキングウーマンだけでなく、主婦など毎日を「忙しい」「けど痩せたい」「痩せられない」という悩みを抱えながらすごしている方には一読の価値のある本だと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く