通訳をつければなんでもできる英語よりも大切な、真のグローバルエリートになるために必要な心構え

16959viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
今さら英語を勉強しなくても、グローバル・エリートになれる39のルール

概要

通訳をつければなんでもできる英語よりも大切な真のグローバルエリートになるために必要な39の心構えよりポイント紹介!

国際ビジネスの基本は、個人対個人

■「××株式会社の○山○男」を忘れるべし
 ・ビジネスの基本は、個人対個人
 ・たまたま「××会社に勤める」○山○男であること心得る

■職場の人間関係はボスか友達……と知るべし
 ・グローバルの基準は同僚は年齢、勤務年数に関係なく友達
 ・上下関係のボスにも、きちんと自分の意見は述べる

日本人のDNA=コミュニケーション能力

■「空気読み」能力をフルに生かす
 ・グローバルでもエクゼティブなかなり気配りが求められる
 ・日本人は他の国の人よりも空気を読む能力が高いので生かす

日本の七不思議を知っておく

■電車の中では「マンガ」は読まない
 ・国際的にブームのマンガも読む年齢層が違う
 ・海外ではマンガは、まだ子どもが家で読むものであると心得る

「日本人は「有色人種だ」、とハッキリ自覚する

■人種差別されたら、すぐさま抗議する
 ・日本人はつい差別を受けても笑ってすましてしまう
 ・たとえ英語が話せなくても、睨み返すことくらいはしておくべき

カルチャーショックを予習する

■タテマエ、ホンネは、簡単に変えない
 ・大人の社会でグローバルにもタテマエとホンネはある
 ・ただあまり表に出ると、「あいつは嘘つきだ」と勘違いされる

■「性善説」を見直す必要アリ
 ・性善説は同じ価値観の人だけの日本ならでは
 ・グローバル社会では、性悪説でいった方が正解

グローバル人の基本を復習する

■笑顔は「敵ではありませんよ」の合図と知るべし
 ・日本では知らない人にニコニコするのは好ましくない
 ・欧米ではニコニコするのが敵ではないという合図になっている

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く