日本経済を動かす125兆2490億円人妻マーケットのビジネスモデル

11189viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
人妻の経済学──日本経済を動かす125兆2490億円マーケットの秘密

人妻マーケットの巨大消費マーケット

■消費マーケットは大規模
 ・人妻の消費マーケットを計算してみると125兆2490億円(08年ベース)

■人妻が巨大なマーケットになる理由
 ・人妻の人口が多い(40,50代の女性約80.0%が既婚者)
 ・人妻が家庭の財布の紐を握っていることが多い(40代女性だと約70%)
 ・団塊の世代(60代前半)が子育ても終わり、夫の退職金もあって財布に余裕がある

■人妻の消費力の生み出した事例
 ・韓流ブーム
 ・綾小路きみまろブーム
 ・ランチバイキング
 ・昼クラ(昼間にクラシックコンサート)
 ・投資(FX,純金積み立て) など

労働力で見る人妻マーケット

■全国で616万人に達するパート
 ・全国のパートタイマーは885万5000人
 ・その中で人妻は、約7割に当たる616万人もいる

■ダグラス法則
 ・不景気で夫の収入が低いと、妻が働く率が高まるという傾向もある

■夜間ビジネスにも人妻
 ・コンビニなどの24時間営業が増えている
 ・99年の男女雇用機会均等法で、夜10時以降に女性も働ける
 ・深夜のほうがもらえる賃金が高いなどの理由で深夜パートにも人妻が増加

不倫によるビジネス

■不倫で急増するビジネス
 ・占い(不倫の相談をするために通う)
 ・不倫や浮気をカムフラージュする商売(アリバイ工作をする)
 ・別れさせ屋(浮気相手から引き離す)
 ・ブラックメール代行(恋人が浮気心があるか試す)

風俗市場に人妻が増加している

■人妻が風俗で働く1番の理由
 ・夫の収入が低くそのための補填

■人妻風俗が増える理由
 ・女子高生だった頃エンコ世代だった年代が今は人妻になっている
 ・人妻風俗は安くて(年齢でサービス料が決まる)男性需要が高い
 ・人生経験が豊富で様々なサービスに応えてくれる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く