新しいマーケティングの方法「クラッシュ・マーケティング」

8916viewschibanbachibanba

このエントリーをはてなブックマークに追加
クラッシュ・マーケティング

【この本に求めるもの】

新しいマーケティングの方法

【感動した言葉・考え方・テクニック】

イノベーションと最適化(オプティマイゼーション)を混同する
人は多い

マーケティングのやりかたを変えれば結果も変わる。
広告で売り文句を変え、買い手の不安を取り除いたら
売り上げが21%もアップしたことがある。

営業とは人間関係だ。一番強固な関係を築けた人がその
信頼関係によって相手に買わせることができる

広告にレバレッジをかける7つの方法
1.見出しで瞬時に伝える
2、独自化する
3、信用の裏付けを提供する
4、顧客のリスクを軽くする
5、行動を呼びかける
6、特典を付ける
7、オファー内容をおさらいする

事業者が行う長期のゲームは最優良顧客へのアクセスが目標である

暖房機の100台につき80台が修理やメンテナンスが必要としていた。
そこで、「季節の点検&準備パック」というサービスを19ドルで販売した。
技術者に30ドル払うため、会社は10~15ドル損したが
最終的には1コールあたり、800ドルの儲けが出た。

人に仕事を任せる最も良い方法は、あなたが仕事だと思っていることを
「遊び」だと思う人にそれをやらせることだ。

メール受信を知らせる音を聞いたが最後、今までしていたことを中断し
その呼び出しに応じる。時間の浪費、時間の最小最悪の活用である。

事業をやるために欠かせない12のポイント
・あなたの事業に潜在する資産を探し続ける
・あなたの事業から毎月、大量のキャッシュフローを稼ぐ方法を探る
・どんな行動、意思決定からも成功を生む仕組みを作る
・複数の収益源を基盤に事業を築き、一つの収入源に依存しない
・クライアントから見て差別性、独自性、優位性のある事業にする
・クライアントかや従業員に本物の価値を提供し、忠誠と価値を最大化する
・全ての行動と投資、投入時間ンと労力から最大の個人的レバレッジを得る
・あなたと同じような経験と考えを持つ成功志向の人々と繋がり、
 アイディアを出し合い、構想を描く
・業界や市場のアイディアマンになり、革新家として有名になる
・「成長思考」を日々の当然守るべきモットーとする
・あらゆることについてあなた自身とクライアントのリスクを低減する

意味のあること、無いことを把握するための質問
・今、どんなビジネスをしているか
・現在の対象市場はどこか
・その市場にどのようにアプローチしているか
・その市場の拡大、または市場への接触・参入方法は現実的に
 他にいくつあるか
・あなたが売ることが出来る商品やサービスは何か
・他にどんな商品やサービスを付加・提供できるか
・そのうち実際につくれるのはどれか
・制作・生産委託するとしたら、外注先をどのように見つけるか
・自社以外に同様の潜在顧客にアクセスできるのは誰か
・顧客に最初に販売する商品やサービスの限界純資産、または
 生涯価値はいくらか?

私はかつて巨大家具会社に店頭で人を迎える方法を33通り
試させたことがある。そして、そのうちの1つだけが売り上げを
3倍にすることを発見した。

私が彼を○○の専門家として推薦したとたん売り上げが上がった

付加価値と共感的つながりで他を凌げ

見込み客と一緒に率直なメリット/デメリットリストを作る

ビジネスを大きくする方法は3つしかない
①クライアントの数を増やす
②クライアントあたりの平均販売金額を増やす
③クライアントの購入頻度を増やす

一番いい物語を持っているものが勝つ

①毎年必ず、彼が売っていた商品やサービスそれぞれにつき、
 新しい市場に少なくとも1つは進出した

②毎年必ず、既存顧客向けに新しい商品やサービスを
 最低1つ投入した。

③毎年必ず、数限りない基盤や顧客の中から、最適なベネフィット
 を得られると思われる新しい事業を、たいてい収益ベースで
 最低1件獲得した。

【この本から実践できること】

>営業とは人間関係だ。一番強固な関係を築けた人がその
>信頼関係によって相手に買わせることができる
こういう営業をする!
つまり、テレアポより、紹介。

twitterの告知文を色々試してみる
⇒効果検証を行う

①クライアントの数を増やす
 ⇒研修のクライアントを増やす
 ⇒営業代理店を増やす?
 ⇒教育機関向けサービス

②クライアントあたりの平均販売金額を増やす
 ⇒学生を社会人のイベントに流す
 ⇒研修後のフォローアップをつける
 ⇒内定者研修からの管理職研修とか

③クライアントの購入頻度を増やす
 ⇒定期的なイベントにする
 ⇒同じ人に別のコンテンツを売る

クラッシュ・マーケティング

クラッシュ・マーケティング

  • ジェイ・エイブラハム

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く