定年までクビにならないサラリーマンの条件

8471viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマンが“やってはいけない”90のリスト

概要

サラリーマンが定年までクビにならないためにやってはいけない90のリストよりポイント紹介!

定年までクビにならないサラリーマンの条件

■創造的破壊論を真に受けるな!
 ・生き残っているサラリーマンの99.9%は独創的な発想と行動で業績を上げていない
 ・求められているのは、常識をわきまえたサラリーマン

■一番でなくてもいい!
 ・大もうけを狙えば、大きな損失をこうむるリスクが急増する
 ・毎回最も安全な手をとることが長期戦での利益の総和を最大にする
 ・大きな成果を上げるよりも、小さな成果を積み重ねる

■足元を固めるのを怠るな!
 ・多くのリスクに対応しようとすれば、どれにも対応できないリスクが生じる
 ・足元を固めて、間抜けな失敗をしないが一番

■間抜けな失敗を連発するな!
 ・間抜けな失敗をしないのは意外と難しい
 ・よほど酷い場合をのぞいて、1回の間抜けな失敗でクビになることはない
 ・間抜けな失敗を繰り返すと、クビになってしまう

■よい子はリーダーシップ論に惑わされるな!
 ・経営者並の権限を持たないとできないと説くマネジメント論が多い
 ・真に受けると、いじけた部下を矯正するのに疲弊するだけ

■結果から逃げるな!
 ・上司は、部下への管理責任をもち、部下への行動結果責任を負う
 ・部下が間違った行動をしているなら修正する責任がある
 ・「部下の失敗は上司の失敗」で部下が悪いと釈明したらリーダー失格

■マネジメントの基本を無視するな!
 ・原則:自分で仕事を任せ、責任を自分がとって、部下がいいと思うやり方でやらせる

■現実を甘く見るな!
 ・PDCAは大きな変化がさらされない仕事には使えない
 ・現実的にはPDCAサイクルは使えないもの

■見切りをためらうな!
 ・ビジネスの世界では努力するにはお金がかかり、金は有限
 ・思うように成果が上がらないなら、見切るか否かの決断をする

■パーになるな!
 ・勝てるところに力を入れ、勝てそうもないところからは手を引く
 ・勝ち目のないところに力を入れれば、他で勝てるチャンスを逃す

■プロダクトアウト発想は捨てろ!
 ・独創的な発想や行動で成果を狙うプロダクトアウト型は×
 ・社内・社外の変化を謙虚にチェックし柔軟に対応するマーケットイン型になる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く