ビジネスにFacebookを活用する方法

3600viewschibanbachibanba

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookをビジネスに使う本

【この本に求めるもの】

Facebookの活用法

【感動した言葉・考え方・テクニック】

インターネットマーケティングの最新は
「SEO」「PPC(キーワード広告)」「ソーシャル」
のことである。

「顧客を巻き込む」「人気投票する」「イベントを中継配信する」

ラスベガスのホテルでは「ファン」になると特別割引

不動産会社は写真を1枚アップするだけで新着物件情報を
ファン全員に伝えることができるし、写真が溜まっていくと
そのままデータベースとしてアルバムに保存される。
さらに、アルバムはカテゴリごとに分類すすることができる。

フェイスブック内のStatic FBMLを使うと初期設定タブを
カスタマイズできる。

Inolverというサイトは色んなコンテンツを
ファンページに取り込むことができる

13万人のファンがいるが、フェイスブックの売り上げへの
貢献はほとんどありません。

ファンページ運営で大切な3つのC
1、コンテンツ
2、コミュニケーション
3、コンテスト(競争意識)

コンテンツは1日1回、できれば2回は掲示板に
何かを投稿しよう

「あなたは○○をどう思いますか?」という質問でも良い

リアルなイベントを開催する時、誰か一人でも参加すると
「○○さんが×××のイベントに参加する予定です」
とニュースフィードに流れるし、イベントの招待を出した人には
参加可否に関係なく、数日前からイベント欄に表示される。

ファンページ作成の7つのステップ
1、競合調査を行う
2、戦略を決める
3、作成する
4、コンテンツを入れる
5、核の30人を作る
6、ファンとの会話を開始する
7、ファンを増やす試作を打つ

核の30人のファンを作れ!
核の30人になるのは自分の友達である。

「ファンページ開設しました」
とメールの署名にURLを載せよう!

ブログやホームページにブログパーツを貼る

ファンページ広告の場合、いいね!を押すと
ファンページに行かなくてもファンになってもらえる

掲示板の書き込みをそのまま広告文にした広告が
一番反応が良かった

一週間以上同じ広告を出しっぱなしにするのはオススメしない

【この本から実践できること】

会社として、個人としてソーシャルメディアに対する
戦略を持つ

「ファン」になると特別割引はいいかも!
ex.学生向けセミナー

何事でもそうだけど「核となる30人」を作ろう!

メールの署名にfacebookを追加!

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く