本当のリッチさとはものを持っていることではない!本当に必要なアイテムを厳選紹介!

9113viewsシュガーシュガー

このエントリーをはてなブックマークに追加
99の持ちもので、シンプルに心かるく生きる

シンプルライフを目指して、生活の中で必要なものをリストアップ。最後まで残った99のアイテムで豊かに暮らすライフスタイルを提案している。

本当のリッチさとはものを持っていることではない

■あふれかえるほどのものを所有していても幸福ではない。余計なものを持っている理由は執着、ストレス買い、物欲、ルーズさ、そして周囲と同じでいたいという虚栄心に由来している。

■ものを手放してみると、ものに束縛されていたことがよくわかる。所有する喜びより、持たない喜びの方が大きい。

■禅僧は生活に必要な最低限のものしか持っていない。その最低限の中から素晴らしい知恵が生まれ、最高の文化、哲学観、人生観が生まれ、日本人の精神性に影響を与えている。

なぜ「99」の持ちものリストを作るのか

■凡人にはなかなかものは捨てられない。だからものを整理する前にリストを作る。

■「99」という数字は一人暮らしの女性の場合にふさわしい数字。楽しむことを忘れず、心地よく健康的で、社会のマナーをわきまえたものとして著者が身の回りのものをリストアップしたところ、この数字になった。

■男性や家族のいる場合などは99より多くなっても、少なくなっても構わない。要は本当に必要なものを厳選する気持ちが大切。

たとえば「リスト」にはどんなものがあるか

1.白のコットンシャツー真っ先にクローゼットに収めるべきもの。週末はジーンズとのコーディネイトで、ビジネスではジャケットのインナーとして、また季節の変わり目にはカットソーやキャミソールのはおりものとして重宝に使える。

2.黒のバンツー「私のスタイルをつくりたい」と思ってからパンツはいつも黒。白いTシャツやコットンシャツ、タートルネックと組み合わせて、シンプルに、しかし個性的に。

3.ダイアのピアスー小さくても強い存在感でみずみずしく輝く。大切なのはいつも同じアクセサリーをつけていること。

4.グルーミングポーチー肌、髪、爪に使えるオールマイティなオイル、拡大鏡、爪切り、マニキュアセット、メークセットなど「お手入れ」に必要なグッズを厳選して入れたポーチ。

5.柘植の櫛ー美しいだけではなく髪にとっての利点が多い櫛。日々の小さな幸せを教えてくれる。

6.漆のボールー見た目も美しく、ほとんどの食事で活躍する。

7.買い物かごー買い物だけではなく、手作り料理を入れて持っていったり、ものの保管にも使える便利もの。

8.アームチェアー自分い合った良質のアームチェアは豊かな時間を約束する。

9.パソコンー世界中のビジネスと生活を根底から変えてしまった素晴らしいツール。ない生活はもはや考えられない。

10.目覚まし時計ーどこへでも持っていけるコンパクト型。心地よい音のものをチョイス。

この他にもシンプルでリッチな生活になくてはならないものがリストアップされている。安物より質の良いものを厳選しているのが特徴。

感想

質のいいものを厳選して身の回りに置くと心豊かに暮らせると言うのは本当だと思います。出来るかどうか分からないけれど、自分も身の回りのものを整理してシンプルな暮らしをしたいと心から思える本です。
買い物が好きで、つい衝動買いしてしまう人やバーゲンと聞くと目がない人、また整理下手でいつも周囲が散らかっているような人におすすめの本。
流行の「断捨離」思想の本ですが、著者のセンスのいいもの選びが光り、写真と共に楽しめるお洒落な本でもあります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く