パチンコにハマるように、勉強にハマってしまう方法

13483viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
勉強にハマる脳の作り方

パチンコのように勉強にハマる方法「興奮と癒しの同居」

■報酬を与えて興奮させる
 ・A10神経系(報酬系、快楽系)と呼ばれる神経が、「依存」の主役
 ・このA10神経系が活性化することが、脳をハメる第一歩
 ・快楽(報酬)を与えられる(期待するだけでも)とA10神経系は活動を高める
 ・報酬は金銭的ではなく、ワクワクするものならば言葉でも何でもいい

■集中できる場所を作って癒しを与える
 ・快楽にもワクワクなどの興奮と、落ち着くなどの鎮静の2種類ある
 ・落ち着くための快楽を得るには、場所や状況が大切
 ・例えば「自分の部屋がほっとする」「そこで勉強すると落ち着く」など
 ・集中できる場所ができると、興奮的な快楽(報酬)がなくても、ハマりが続く

■勉強していない日常をストレス化する
 ・パチンコにハマっている人は、日常に強いストレスを感じている
 ・日常生活で駆り立てられたストレスを発散しに、毎日パチンコに通ってしまう
 ・ストレスによって、癒しの快感が増幅され、人はどんどん何かにハマる
 ・日常をストレス化(暗示をかける)できれば、ハマる状況を作りやすい
 ・勉強していない状態が、ストレスだと自分に暗示をかければ、勉強にハマれる

集中しやすい状況を作る方法

■集中に入る儀式を作る
 ・人間は勉強なんかしたくないので、すぐに勉強に入れない
 ・勉強に入る前に、始めるときの儀式を作ってみる
 ・慣れてきると、癒しの快を得られるようになり、やる気が増してくる
 ・人は行動することでやる気が増すので、儀式は行動を伴うものにする

■集中に適した儀式
 ・黄色のポストイットを見る(黄色は注意の色で、集中を高めやすい)
 ・音楽を聴く(特にマーチは、集中力を高める曲)
 ・タッピング(体をリズムよく叩くと、集中しやすくなる)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く