一瞬で自分を変える方法とは

3174viewsらくだイクメンらくだイクメン

このエントリーをはてなブックマークに追加
一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える

プラスの意味づけ

● すべてに「プラスの意味づけ」。出会う出来事は中立的なもの。それをどう見るか、ノートに書き出すことで思考のクセや必要以上にネガティブになっているかわかる。「人生の主導権を握っているのは自分」

成功の方程式

1. 目標を持つこと
2. 行動すること
3. 自分の行動の結果が目標に近づいているかどうか判断すること
4. 柔軟性を身につける

自分を変える

● 自分は人とは違った特別な人間になれるという信念を持つことのほうが重要。望ましい未来を繰り返し植えつける。

● 自分にはできると信じれば、それは自己達成的予言になる。

● 常に「今できること」に集中する。可能性に気持ちをフォーカスする。

● 成功者はどんな結果が出ても、「失敗した」とは思わない。そもそも、失敗という概念が存在することを認めない。

● エジソンは電球をつくろうとして、9999回失敗を繰り返したがうまくいかなかった。「1万回失敗したのではなく、いまくいかない方法を1万通り発見した。」

● 自分に都合のいいことだけ「臨場感たっぷり」に想像する。生き生きしてパワフルなイメージを強化すれば、積極的な気持ちが増幅され、やる気が起きる。そして、心の中のくだらないおしゃべりをやめて、未来の成功体験を予行演習する。

● できないときは「できるようなふりをする」。やり方がわからないというなら、どうしたらわかっているかのように行動する。そうすると、自分でできるような気がしてくる。

● 泣いているときや泣きそうなときは顔を上げる。子供にも有効。

● つらくても笑っていると、心の中ではそれほど苦しまずに済むようになる。

● ラポールを築くためには相手のことを真似ること。

● いい意味でパブロフの犬になる。特定のきっかけによって、いつでも決まった反応が起こるようなアンカリング(条件付け)をしておけば、いつでも確実に能力を発揮できる。
 例:親指をたてて、目標や実行計画を言う

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く