頭のいい子に育てるために知っておきたい食べ方7つの簡単なルール!

14207viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭のいい子に育てる食べ方7つの簡単ルール

頭のいい子に育つ7つの簡単なルール

①魚をたくさん食べよう
 ・脳の神経細胞の約20%は魚に多い脂でできている
 ・5歳までにたくさん食べると神経細胞の増加につながる
 ・5歳以降も脳の力の強化に役立つ

②血糖値を急上昇させない
 ・血糖値は血液中のブドウ糖の量
 ・血糖値が高すぎず、低すぎないときに脳はもっとも働く
 ・脳をフル回転させるには、血糖値を安定させる食生活をする

③野菜や果物をたくさん食べよう
 ・脳のエネルギー源は主に炭水化物
 ・ただしビタミンやミネラルと一緒にとらないと、効率よく使えない
 ・果物や野菜には脳の老化を防ぐ抗酸化物質も多いのでたくさん摂る

④よく噛んで食べよう
 ・よく噛んで食べると血糖値の上昇は緩やかになる
 ・脳の力を高めるためにも、食事はよく噛む
 ・食物繊維を多く含むものを食べると、自然とよく噛んで食べるようになる

⑤上手におやつをとろう
 ・こどもはからだの大きさに比べ、栄養素をたくさんとらないといけない
 ・1日3食だけでは栄養素をとるのは難しい
 ・不足しがちな栄養素をおやつとしてとる

⑥誰かといっしょに食べよう
 ・食事は栄養補給だけではない
 ・家族がコミュケーションをとる大切な時間
 ・コミュニケーションをとることで脳も成長できる

⑦食べたあとは運動しよう
 ・勉強ばかりで、運動をしないと体力が足りずふんばりがきかない
 ・学力だけではなく、運動をする習慣を身につける
 ・運動をすると脳の働きもよくなる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く