人がはまりやすい経済的な心理の落とし穴

3681viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたがお金で損をする本当の理由 (日経ビジネス人文庫 ブルー な 6-1)

人をパブロフの犬にするしかけ

■自動反応、希少価値
 ・自動反応:バーゲン、閉店セール=安いと自動的に思い込んでしまう
 ・希少価値:「○品限定」=少ないから価値があると思い込んでしまう
 ・買う前に、お買い得感の演出に騙されない

枠組みが支配する

■フレームに騙されない
 ・フレーミング:自分で情報に何らかの枠組みを設定する行為
 ・「平日半額」と「土日倍増」は同じ意味
 ・「土日倍増」では買わないが、「平日半額」と広告を出せば買ってしまう

100円の価値は伸び縮みする

■知覚のコントラスト
 ・スーパーで買い物をするならば、100円でも安くしようとする
 ・200万円の車を買うときは、数万円の高額なオプションがついても、気にしない
 ・大きな買い物をするときほど、金銭感覚が麻痺してしまう

アンカーなしに判断できない

■アンカー
 ・人はアンカー(基準)なしに判断ができない
 ・ある冷蔵庫を買うならば、別のメーカーや過去の値段がないと買えない
 ・1つのアンカーに絞るとと騙される(○割引きと貼ってあっても本当かわからない)
 ・複数のアンカーを用意しておく

変革を拒む

■現状維持バイアス
 ・人間は現状を変えたがらない
 ・保険料を安いものに代えたほうが得でも、なかなか解約しない
 ・現状を基準にしないで、まっさらな状況で考える

悪魔の支持者を

■確証バイアス
 ・人は自分の意見を後押してくれる情報を集めてしまう
 ・大事な選択(買い物、結婚など)を誤らないには、悪い評判を聞く耳を持つ
 ・誰かに悪魔の支持者(あえて反対側に立って意見する人)になってもらって考える

エステの成功体験には意味がない

■成功体験よりも、平均値と母数
 ・成功例は1000人がダイエットして、1人が20kg痩せただけかもしれない
 ・1000人もいれば、エステとは関係ない理由で痩せる人もいる
 ・データを見るなら、母数(全体の人数)と平均を見る

クレーンゲームにまらない

■埋没費用
 ・埋没費用:一度支払ってしまって、戻ってこない費用
 ・クレーンゲームで一度つぎ込んだお金は、もう一回ゲームをしても返ってこない

平均に騙されない

■平均よりも自分
 ・日本は、国民1人辺り平均1000万円の金融資産を持っている計算
 ・でも金融資産の平均=平均的な家庭をあらわすのではない
 ・資産10億円の1人と資産0円99人の平均は、1000万円になってしまう
 ・平均を気にするよりも、自分の家庭を考える

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く