「干物女」ブームの火付け役! ホタルノヒカリ(1)の書評

2040viewsとらことらこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホタル ノ ヒカリ(1) (講談社コミックスKiss (529巻))

「干物女」ブームの火付け役!会社では仕事が出来て、周囲からの信頼も厚いOL、雨宮蛍。私生活もさぞ素敵かと思いきや・・・・。実は彼女は、「干物女」だったのです。

「干物女」あらわる

主人公の雨宮蛍は、仕事もしっかりこなし、周囲からの信頼も厚いデキるOL。
しかし、彼女は「干物女」だったのです。
「干物女」とは、恋愛は面倒臭いからしない。そんなことするくらいなら、家でごろごろしたいという女性の事。
会社ではデキるOLなのですが、家に帰った途端にスルメにビール。
ジャージに前髪ちょんまげ姿が印象的です。

同居人あらわる

蛍は居酒屋で知り合った男性から、口約束で譲り受けた一軒家に引っ越します。
お気に入りの縁側でごろごろしていると、そこに同じ部署の部長、高野が現れました。
この家は自分の実家だ。今すぐ出て行けと蛍を追い出そうとしますが、蛍は他に行くがありません。
高野は妻と別居する為にこの家に帰って来たので、家を離れる訳もなく、奇妙な同居生活がスタートしました。

年下のイケメンデザイナーあらわる

蛍のいる部署に、ロンドンから帰国したデザイナー、手嶋マコトが配属になります。
年下のマコトに何となく惹かれている蛍。
ある日、マコトが蛍にキスをしました。
久しぶりのキスに、これは恋なのか?とアタフタ。
果たして「干物女」は恋を成就させる事ができるのか・・・?

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く