孫正義のプレゼンテーションのポイント!

3529viewsS_DaigoS_Daigo

このエントリーをはてなブックマークに追加
孫正義 奇跡のプレゼン 人を動かす23の法則

ポイント

●一対一の交渉の場面でもほとんどの場合、プレゼンテーションを行う

●一般的な経営戦略論の枠組みに従って、自社の強みや弱みを説明することなどはしない。その事業の「歴史的な必然性」を訴える

●誰が聞いても内容が理解できる、分かりやすいもの

●重要なことは、プレゼンテーション全体の「メッセージ」がシンプルで骨太なこと

●戦略の本質は「略」すること

●短文の「メッセージ」が一つと、グラフや図・写真が一枚というのが、孫正義の標準的なスライドの作り方

●「エレベータートーク」=メッセージをコンパクトにまとめること

●「結論から言え、結論から」

●ビジネス上で起きるすべての事柄に数字の裏付けを求める

●可能な限り、そのスライドの「メッセージ」を示す数字が入れられている

●数字は、「比較して」初めて意味が出て来る

●「数字」で「傾向」を共有する

●孫正義は創業以来、「ムーアの法則」によって事業戦略をぶれることなく正しい方向に導いて来た

●孫正義のプレゼンテーションには歴史の話がよく出て来る。これには、歴史に学び将来を見通し、そのプレゼンテーションへの確信を共有する意図がある

●スライドを作るときに最も陥りがちな失敗は、スライドに全てを語らせようとすることだ。まず、プレゼンテーションをする人自体が「主」で、スライド自体は「従」でしかないことを理解することが必要だ

●もし、会場の人々によりプレゼンテーションを理解してもらいたいならば、プレゼンテーションは「話し言葉」に近付かなければならない。つまり、スライドは「話し言葉」の補助でなければならない

●1スライド・1メッセージ・1イメージ

●孫正義は、「論理よりもまず感情を刺激するべき」と考えている。何よりも先に「このプレゼンテーションは面白そう」「この話をぜひ聞きたい」というような感情を持ってもらうことが重要だと考えるからだ

●孫正義のプレゼンテーションは、社長室のホワイトボード上で最初の原案が作られている

●ディスカッションの最後では、必ずホワイトボードの全ての情報がプリントアウトされる

●孫正義が目指しているプレゼンテーションとは、社内の衆知をディスカッションで結集して作られたアウトプット

●ホワイトボードに文字を細かく書くことで、1枚のホワイトボードに書き込む情報量を最大化する

●マーカーは、常に新しいものにしておく

●交渉は「鯉とりまあしゃん」に学べ

●交渉相手を説得してはいけない

●プレゼンテーションの目的に合わせて、どのようなファッションをするべきかをよく考えている

●自分のプレゼンテーションの1スライド当たりの標準時感を知ること

●プレゼンテーション終了後に手元資料を配った方が良い

●パソコンは2台用意し、どちらにもプレゼンテーションのデータを事前に入れておいて、いつでも交換出来るようにしておく


感想

スティーブジョブズ脅威のプレゼンと合わせて読むと、より面白くなりますよ!!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く