普通のサラリーマンが10年後に安心して食っていくために、必要な考え方や生き方

15107viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
10年後も食える人 1年後すら食えない人

年収

×:デフレだから1円でも安いものを買う
 ・貧しいときにお金を使わないは、貧乏スパイラルに陥る典型的な考え方
 ・儲かる発想はお金を使ってこそ、得られる
 ・焼き肉チェーンは、高い焼肉を安い庶民のものにしたから儲かった

○:あえて贅沢をすることで、儲けのネタ、稼ぐヒントが見えてくる

給料

×:給料が上がらないのは不景気だからだ
 ・不景気で他人が気力を失っているからこそチャンス
 ・他人が尻込みしているしている分野を狙えば、10年後に差がつく
 ・年収が減って困っている人に、レクチャーを頼めば安く済み、コネまで得られる

○:デフレ時は、専門知識と強力なコネづくりに絶好のチャンスと得よ!

起業

×:ビジネスで成功するにはなによりオリジナリティだ
 ・お金持ちほど意外なくらい他の成功者のマネをする
 ・他人の成功例こそ、実践的な儲かる勉強法
 ・オリジナルにこだわるよりも、成功例にしたがってマネしたほうがうまくいく

○:失敗する人ほど、理論や個性を重視する。考えるな!成功者のマネをしろ

頼り方

×:人に頼るのは自分の能力不足のように感じる
 ・頭を下げることこそ成功への必須条件
 ・「お願いせずにすむ人生」なんて、ありえない
 ・腰が低ければ、多くの人と出会いやすく、好印象も持たれる

○:情けないのは、頭を下げられないこと。
  お願い上手になれば、仕事がどんどんうまくいく!

時間術

×:スキルアップしたいけど勉強する時間がない
 ・時間の使い方が下手な人ほど睡眠時間を削り、集中力が下がり効果が得られない
 ・多忙で案件をかかえる人ほど、時間のやりくり上手
 ・数をこなせばこなすほど、使い方のキモが見えてくる

○:「時間がなくてできない」はタダの言い訳!
  忙しくするほど、使える時間は増えていく!

資格

×:先行き不安な時代だから資格を取っておいたほうが強い
 ・資格を取ること自体は、必ずお金になるかわからない
 ・お金を得る方法はもっと柔軟に考えられる
 ・その業界にいれば当たり前の知識が外の世界ならすごく価値が高い

○:自分の知識や経験も財産だと気づけば、お金に変えることができる!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く