頭のいい人たちだけが身につけている生活習慣

15342viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
すごく「頭のいい人」の生活術 (知的生きかた文庫)

いい刺激と出会う

■志を立てる
 ・志を立てるとは、自分の好きな道を選び、一生懸命に選んで、その道を究めること
 ・ひとたび志を立てて、好きな道で一芸に秀でれば、たいていの望みは叶う
 ・志を立てると、一つではなく新しいチャンスがいくつも見えてくる

■異なる世界から学ぶ
 ・なるべく世界が異なる人と「よい人間関係」をつくれば、それだけ視野が広がる

■1日五分でも十分でも「自分と向き合う」
 ・孤独という時間なくして自己の成長はあり得ない

人間関係

■よき師を持つ
 ・優れた先達は「あらまほしきもの(望ましいもの)」として、自らの道しるべとなる
 ・(師から学んだ知恵は)長い人生を生きていくうえで、必ず有形無形の価値を発揮する

■「緊張感」のある友人関係を持とう
 ・友人は自由に選ぶことができるが、逆に相手も友人を選んでいる
 ・お互いに切磋琢磨できる部分がないと関係は長く続かない
 ・「知的友情」こそ自分を高める最高の人間関係

■感謝する心を持つ
 ・よい人間関係は人生の大きな果実
 ・人間関係を豊かにするには、まず「感謝の心」を持つこと

大きな成果を出せる時間術

■とにかく思い切ってやり始める
 ・一番の時間の浪費は先延ばしにある

■途中で中断しない
 ・知的作業、知的生産で最高に充実した成果を上げるには、絶対に途中で中断しない
 ・頭が冴え、思いがけないひらめきを得るには、物事に熱中することが大切

情報活用

■尊敬する人との対話を重視する
 ・該博な知識を持った、優れた一人の専門家と対談すれば、自分の背の丈以上の専門書を読むよりも、はるかにすらばしい洞察やアイデアが得られる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く