脳科学者が教える脳力アップのトレーニング術

65956viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭の回転をよくする74の方法―「脳力」アップのトレーニング術

脳力アップ

■好奇心で脳の可能性が広がる
 ・好奇心があると脳は目の前のことを受け入れる枠を作ることができる

■興味を持つ
 ・脳は常に興味のあるものに自然と反応してしまう

■同時にこなす
 ・コンピューターと違い脳は訓練すれば同時に処理ができる

■常に新しいことに挑戦する
 ・新しいことに挑戦すると回路が活発になるが、慣れると出来上がった回路で思考する

■適度なストレスを与える
 ・いざというときに脳内ホルモンがたくさん出ることで能力は高まる

集中力アップ

■人気のない場所へ行く
 ・脳は外からの情報をカットしないと、脳の中で考えるのが難しい

■1時間に1回は休憩する
 ・休むことで脳内の情報が整理され、いちばんいい思考回路になる

■自分時間を見つける
 ・朝型が集中しやすのは一般的なことで、個人によって時間帯は違う

思考

■ネガティブなことを考えない
 ・ネガティブなことを考えると、ストレスで脳細胞が減ってしまう
 ・脳を元気にさせるセロトニンの分泌も減る

■ポジティブシンキングをする
 ・前向きに考えると脳細胞が増える

日常の習慣

■目標は低めにする
 ・達成感を得ると、ドーパミンが分泌され、快感を感じ、意欲が湧く

■おいしいものを食べる
 ・満足感を得ても、ドーパミンが分泌され、意欲が湧く

■非日常体験をする
 ・新しい体験によって、新しいネットワークができる
 ・その刺激が大きければ大きいほど脳細胞自体も増える

■敬語を使う
 ・脳は褒められることが好きで、敬語を使うと褒めていることにつながる
 ・脳が快適だと感じ、満足感を得られる

■尊敬する人の考えをマネして行動する
 ・ミラー細胞:他人を観て、共感するだけで、その人と同じ回路が出来上がる
 ・尊敬する人を観て共感すれば、脳の回路が同じになり思考法が盗める

■嗅覚を刺激する
 ・嗅覚は脳の中の神経で、唯一直接脳へ入っていく神経
 ・刺激が足りないときは、刺激を高めるよりも嗅覚を刺激してみる

■豚肉を食べる
 ・豚肉に多く含まれるビタミンB1で血液中の成長ホルモンを増加し、脳細胞も活性化

■感動をする 
 ・感動を得たとき脳は非常にプラスに働く
 ・ドーパミンが分泌され、脳細胞が活性化される

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く