短時間で成果を上げる人が実践している時間術

11358viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
残業しないで通常の3倍の成果が上がる時間術 (PHP文庫)

先延ばし病を撃退する3つの方法

■時間マネジメントを邪魔する先延ばし病を撃退する3つの方法
 ①時は命なりと自覚すること(変えられる今日頑張る)
 ②クジラ千分法を使う(大きな目標は細分化する)
 ③締め切り効果を使う(締め切りがないといつまでもやらない)

目標を計画するためのSMART

■目標を計画するときに実践するべきSMART
 ・Specific:具体的
 ・Measurable:計測可能
 ・Achievable:達成可能
 ・Realistic:現実的
 ・Time-related:期限のある

仕事における時間の有効活用法

■ビックタスクとスモールタスクに分ける
 ・ビックタスク:15分以上かかる仕事
 ・スモールタスク:5~15分で終わる仕事
 ・ビックタスクは優先順位を、スモールタスクは細切れ時間にやる

■好楽円を後回しにする
 ・好(好き)楽(楽しい)円(円滑にできる)は優先的にやりがち
 ・スモールタスクである好楽円は後回しにする
 ・残ったビックタスクほど優先して先に行う

■手帳に載っていない時間が宝庫
 ・手帳に書かれた時間は決まった時間で自由に使えない
 ・手帳に書かれていない空白の時間をいかに使うかが大切

時間に余裕を作る方法

■ブレーンを作る
 ・人の協力が得られれば1日は何百時間にもできる
 ・師匠と呼べる協力者で周りを固めると良い結果が生まれる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く