今までの人生で5回生と死の境をくぐり抜けてきた著者が語る、人生における「ミッション」の見つけ方

9526viewsさむしんぐさむしんぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?

死にかけたからわかる「自生を後悔しない」ための5つのポイント

1.人はいつ死んでもおかしくないと覚えておく
2.自分には必ず何らかの「生きている理由」があると考える
3.本当の自分、あるべき自分についてとにかく考え続ける
4.生涯を通じて「自分の役割」を探し続ける
5.自分の「心の声」を聞いたなら、すぐに行動に移す

「やりたいこと」の見つけ方

■あなたは何のために仕事に行くのか
 ・「毎日喜んで行きたくなる仕事とは?」と考えることがやりたいこと探しの第一歩

■自分の直感を信じる
 ・決断とは「信じる」こと
 ・あなたがよりよい未来を感じられることに、より多くの人生を費やすべき
 ・あなたの直感を信じられるところまで自分を掘り下げ、その決断を信じる

変化を阻む「7つの強敵」対処法

■7つの強敵はこうやってかわす
 ・恐怖:強烈な希望、成功した未来を想像して、実際に行動する
 ・不安:1つずつ不安を整理し、最終的に踏ん切りをつける
 ・迷い:猪突猛進の力強さでまい進する
 ・習慣:人の意見や目をきにせず、自分がどうあるべきかを考える
 ・臆病:「守るもの」に対して、約束を果たすだけの「自信」と「信念」を持つ
 ・我欲:一番「手に持っていたいモノ」、手放しては行けないものが何なのかを知る
 ・雑音:強い意志と心の声の大きさを持つ

「やりたいこと」がわかったら「変人になろう」

■「変人」=「変化する人」
 ・変化しない人は退化しているに等しい

■今という「タイミング」を大事にする
 ・「やりたいこと」を先延ばしにしても、「もっともやりたかった時期」は
  戻ってこない

■「バランス」は、崩すことから始める
 ・新しいことを始める第一歩を踏み出すときは、必ず「バランス」を崩さなければ始まらない

「このままの人生」で終わりたくない人へ

■「目標」ではなく「目的」を決める
 ・目的とは「100万を貯めて、それを「何に使うか」」を考えること
 ・目的が濃く深いものになればなるほど到達速度や到達率が高まる

■「点」を意識する
 ・自分の興味があることを突き詰めればそれが「点」になる
 ・将来絶対にそれが約に立つと信じることが大事

「やりたいこと」に「お金」はいらない

■お金を調達する方法はいくらでもある
 ・「情熱」さえあれば、資金調達は可能
 ・「覚悟」があれば支えてくれる人がきっと見つかる

「やりがい」を手に入れた人たち

■人生の「ミッション」を見つけなさい
 ・自分の「ミッション」が定まるとぶれずに進むことができるようになる

「最後の一日」を成功者として迎えるために

■「全力で生きる」と言うこと
 ・人が死ぬ間際に感じるのは「やりたいことがやれなかったこと」への後悔
 ・かっこ悪くても「全力」で生き抜いてきた人は人生の成功者だと言える

今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?

感想

仕事、お金、人生と幅広い視点から「今この時、自分に後悔はないか?」と問いかけられた気分になる1冊。
過去を振り返り、これからを充実させるために読んでもらいたいとおもいます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く