老化防止のためにしておきたい生活習慣

41054viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
老化は「体の乾燥」が原因だった!―内臓、皮膚、頭脳…全身が若返る食べ方・暮らし方

老化は体の乾燥が原因

■老化すると
 ・乳児のときは全体重の70%が水分
 ・成人では60%、高齢者では55%と歳を重ねると体内の水分は減っていく
 ・日々進行する乾燥を食い止めることこそ老化の防止につながる

老化を早めてしまう誤った生活習慣

■無理して水を飲む
 ・細胞内に水は吸収されて始めて役割を発揮する
 ・無理して水を飲んでも細胞内に水は吸収されない
 ・細胞外に水があっても有害にさえなる

■減塩をしても血液は下がらない
 ・塩分は水分とはセットで増減するもの
 ・塩分を減らすと、水分も一緒に減って老化を早めてしまう

■食事は減らすよりも食べたものを出す
 ・体重増の原因は食べすぎよりも体内の水分がコントロールできていないこと
 ・細胞に吸収されない余分な水分を排出する体をつくる

■保湿は肌からではなく、体の中から
 ・入浴などで体が温まれば、腎臓も活性化し余分な水分は排出される
 ・体が温まると、皮膚の細胞の代謝が活発になりみずみずしさは取り戻せる

体の乾燥度がわかるポイント

■体が乾燥している証拠5つのポイント
 ①ノドが渇く
 ②雨の日は不調
 ③やたらと汗をかく
 ④γ-GTP値が高い
 ⑤下半身が太い

体がみずみずしくなる習慣

■乾燥を防ぐ飲み物を飲む
 ・ニンジン・リンゴ・塩ジュース
 ・生姜紅茶
 ・梅醤番茶・生姜湯・ハーブティー

■老化防止に役立つ7つの食材
 ①北方産の食べ物
 ②赤・黒・橙・黄色などの暖色の食品
 ③塩分の効いたもの
 ④硬い物
 ⑤ビールよりも赤ワイン
 ⑥動物性の食品
 ⑦ヌルヌル・ネバネバ食品

■老化防止に役立つ体の温まる服装
 ・腹巻
 ・頭寒足熱ファッション

■老化防止のウォーキング
 ・1日1万歩以上
 ・1分間に80メートルの速さ
 ・1回20分以上、週3回以上

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く