ホリエモンの心の胸中がわかる本「徹底抗戦」で響いた2つのこと

1879views本マニ本マニ

このエントリーをはてなブックマークに追加
徹底抗戦

ホリエモンのビジネスの考え方

ページビューを増やすために放送の圧倒的なリーチを使うというこんなシンプルな発想が、なぜ、みんな理解できないのか。

ソニーとライブドアを合併させることでライブドアブランドを捨て、新生ソニーはiphone的端末で世界を席巻、世界で一番利益を上げる企業体になる。これが、私の考えたゴールであり、そのゴールが見えたところで宇宙ビジネスに完全にコミットする予定であった。

独房生活

独房の日々は、「暇」の一言に尽きる。毎日、チャイムが鳴るのと同時に起きて布団をたたみ、その後、番号を呼ばれて点検をする。それから食事をとって、週に二回は入浴。入浴のない日は30分程度の運動(といっても、独房の畳三畳くらいのスペースでちょっとしたジョギングや縄跳びができる程度) をするだけだ。あとは、夕食の時間まで何もすることがない。つまり、1日10時間は暇な時間が残る。

感想

ホリエモン元気でしょうか。。

徹底抗戦

徹底抗戦

  • 堀江貴文

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く