人生に効く小林秀雄の言葉【名言集】

3475viewsスマイル・N・シグナルスマイル・N・シグナル

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生の鍛錬―小林秀雄の言葉 (新潮新書)

骨折り損のくたぶれ儲けということがある。
これは骨さえ折れば、悪くしたってくたぶれくらいは儲かる
という意味である。
現実的な骨折りをすれば、くたぶれだって現実的な内容をもっている。
その内容はいつも教訓にあふれている。

感心することを怠りなく学ぶこと。
感心するにも大変複雑な才能を要する

なんでも学んで得るべしという主義である
自惚れだって手をつかねて生ずるものではない
自惚れだって学んで得るのだ
絶望するにも才能を要し、その才能も学んで得なくはならぬ
とさえ考えている。

諸君はまたこういうことを考えてみないか
混乱していない現代というものが
かつてあっただろうか
また将来もあるであろうか、と

誤解されない人間など、薬にも毒にもならない。

人間は、憎悪し拒絶するもののためには
苦しまない。
本当の苦しみは愛する者からやってくる。

天才とは努力し得る才だ

模倣は独創の母である。
唯一本当の母親である。

人生とは極めて真面目な芝居であり
出来るだけ上手に芝居しようとする努力が
人生そのものだといえよう

成功は、遂行された計画ではない
何かが熟して実を結ぶことだ

問題を出すということが一番大事なことだ
うまく出す
問題をうまく出せばすなわちそれが答えだ

他人は当てにはできない、
自分だけが頼りだと知った時、
人は本当に努力をし始める。
どうあっても切り抜けねばならぬ苦境にあって
己の持って生まれた気質の能力が、実地に試されるとき
人間は、はじめて己を知る道を開くであろう。

助言・名言について

心がけ次第で明日からでも実行が出来、
実行した以上必ず実益がある、
そういう言葉を、本当の助言というのである。

ことどこく実行とは、平凡なものだ。
平凡こそ実行の持つ最大の性格なのだ。
だからこそ名助言はすべて平凡に見えるのだ。

諸君がどれほど
沢山な自ら実行したことのない助言をすでに
知っているかを反省し給え。
聞くだけ読むだけで実行しないから、
諸君はすでに平凡な助言には
飽き飽きしているのではないか
だからこそ何か新しい気の利いたやつが
聞きたくてたまらないのじゃないか

感想

邪道といわれるかもしれないが
こういう名言集のようなものから
小林秀雄を読んでみてはいかがだろうか?

気になる言葉がある
著作から読んでいけば
すこしは、読めると思います。

受験で苦しんだ経験がある人が
多い小林秀雄ですので
敬遠している人も多いはず。

しかし、この本を読むと きっと
そのころには、わからなかった
「良さ」がわかりますよ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く