30代からの頭をよくするために身につけてきたい勉強方法

9944viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
30代で頭をよくする一番いい方法―それは、この「1カ月」で実現する! (知的生きかた文庫)

30代で絶対に必要な3つの力

■3つの力が重なったときに潜在能力がもっとも発揮される
①人生を「企画する力」
 ・仕事にどのような知識や資格が必要か考える
 ・家族にどのような生活がふさわさしいか考える

②知的快感を「要求する力」
 ・知らないことを知ることを楽しむ
 ・できないことをできるようになることを喜ぶ

③思い込みを「排除する力」
 ・学校の成績がよくなかったという考えを否定する
 ・勉強に向いていないという考えを捨てる

頭のいい思考力

■外部のハードディスクを使いこなす
 ・自分の知識が乏しくても、他人の知識を外部ハードティクスのように活用
 ・知識を借りられるように人間関係を作っておく

■時間を短縮できる「地域・時間的に比較する」
 ・別の地域・他社などの方法を参考に有効な方法を編み出す
 ・過去の事例をもとに有効な方法を編み出す

頭のいい記憶法

■アウトプットのできない知識は捨てる
 ・記憶を蓄積していても仕事はできないし、収入も増えない
 ・知的なアウトプットを目的としない勉強は社会人には意味がない

■新しい情報と古い知識を結びつける
 ・大人になると単純暗記は苦手になる
 ・大人ならではの理解力を利用すると記憶しやすい
 ・新しい情報と古い知識を結びつけると理解できる

■覚えたことは受け売りをする
 ・最新情報は人前で話す
 ・話すと意味記憶がエピソード記憶になる
 ・記憶が強化されるし、理解力も高まる

頭のいい読書術

■考える主食は本
 ・知識や技術のの習得には読書は欠かせない
 ・読書すれば多くの情報を集め、思考の材料にもなる

■損切りをする
 ・おもしろくない本は今の自分に無縁な本
 ・本を買ったお金はムダになるが、読書にかかるコストは時間
 ・潔く損切りをすることが大事

■批判的に読む
 ・段落事に共感できる、納得できないと考えながら読む
 ・オリジナルな知的アウトプットをするには大切な読み方

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く