【名言】見城徹と藤田晋の印象的なコメントを抜粋。

3201views要点まとめ要点まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

“縛りは、人から底知れぬエネルギーを引き出す力をひめている。”

“確実に勝利をつかむには、「これしかない」というところまで自分を追い込み、考え抜かなければならない。”

“自分の頭脳を追い込む環境を作れていなければ、せっかくの能力をうまく引き出せないかもしれません。”

“仕事でも人生でも、勇気を持って一日一つ何かを壊すことは、着実な前進である。どんな小さなことでもいい、新しいことをしてみる。”

“異物を飲み込めた時、想像を絶する結果が待っている。”

“ダイヤの原石かどうか見極めることに手を抜いてはいけません。”

“現実は、必ず主観に勝る。”

“ビジネスもダイエットと同じ。セーフティーゾーンなど、ありません。”

“あえて自分で黒星を作れるかどうかが、その人の器量につながるのだ。”

“すべてを手に入れようとするのは、幼稚極まる発想である。失うことの怖れを一つ消すことができた時、それは一歩成長したということなのだ。”

“とにかく、何かにはまってみるべきだ。ハマることは、本気になることだ。否応なく、心と体がそちらに向いてしまうことである。”

“一喜一憂とは、強い精神力を持ちながら、細やかに感受性を働かせることなのだと思います。”

“いい企画のヒントは、現実の中にさりげない姿で潜んでいるものだと思います。”

“すべての新しいもの、美しいもの、素晴らしいものは、たった一人の孤独な熱狂から始まる。”

“熱狂は退屈も苦痛も、はねのけてくれる。”

“絶望とは、あやふやな望みや自分への甘えが立たれた状態である。つまり、絶望しきることとは、曖昧なものを一切排した、晴れやかで揺るぎない境地に達することなのだ。”

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く