腸を元気にして免疫力を高める方法と免疫力を上げるための習慣

3426viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
病気に強い人、弱い人 腸内細菌叢が寿命を決める

概要

病気に強い人の特徴と習慣

腸を元気にして免疫力を高める

■腸内細菌が体を守る
 ・ばい菌から体を守るのはマイクロファージなどの免疫細胞の働き
 ・免疫細胞を活性化する力の70%は腸内微生物、つまり腸内細菌
 ・免疫力の大半は「腸内細菌」が働かせている

■腸が元気なら病気にならない
 ・腸内細菌は種類や数が多いほど免疫力が高い
 ・ビフィズス菌などの善玉菌が免疫力を刺激する物質を作る
 ・大腸菌などの悪玉菌もないと善玉菌は働かない
 ・善玉菌と悪玉菌のバランスが大事

■老人の腸はビフィズス菌がいない
 ・老人になると10人に3人はビフィズス菌はなくなってしまう
 ・いかに歳をとっても腸内細菌を減らさないかが大切

■現代人は腸内細菌が減り気味
 ・おかししか食べていない女性はビフィズス菌が極端に少ない
 ・サプリメントだけで生活している人も、大腸菌がいない

免疫力を上げるための習慣

■大豆・ゴボウ・タマネギを食べる
 ・腸内細菌の餌になるのはオリゴ糖
 ・大豆・ゴボウ・タマネギはオリゴ糖が豊富

■野菜や果物を食べる
 ・食物繊維が腸内の有害物質を排出する

■免疫力を高まるNK細胞を活性化させる
 ・運動をする
 ・笑う
 ・イメージトレーニング(リラックスできる)

■体の温める食べ物を食べる(低体温は免疫力が下がる)
 ・豆類
 ・根菜類
 ・もち米
 ・麩
 ・ショウガ
 ・ニンニク

■除菌グッズは使わない
 ・皮膚の菌にもばい菌などを侵入を防ぐ役割がある
 ・病気から守る皮膚の菌も除菌グッズを使うと殺してしまう

■石けんで体を洗い過ぎない
 ・洗いすぎると皮膚にすむ菌が死滅する
 ・薬用石けんは殺菌力が高すぎるので、使わない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く