今までの、常識をくつがえす若さを維持する考え方

3654viewshieighthieight

このエントリーをはてなブックマークに追加
20歳若く見えるために私が実践している100の習慣

若さを保つための秘訣が紹介された100個の習慣が紹介されています。今までの、常識をくつがえす考え方に驚く!!参考になりました。

■ポイントになる部分

●食べない「腹6分目」を目指す
●飲まない
●スポーツは寿命を縮める
●洗わない
●夜更かししない
●ゴボウ茶
●座っているときには「貧乏ゆすり」をする
●休肝日は意味がない
●考えない
●鼻呼吸ではなく口呼吸
●怪我しても甘やかさない
●免疫力はつけすぎない
●「第二の心臓」を使う

■お勧めしたい人

●健康に対する目から今までと違う体験をしたい人
●とにかくどこまでも長生きしたい人
●カラダの芯からきれいになりたい人

感想

今、メディアで大人気の南雲先生の空腹シリーズがです。正直な感想、なぜ売れているのかよく分かります!本の帯に30歳だった著者と、現在56歳の姿があまりにも、違っていて驚きです。

スポーツは早死の原因!「一日一食」で健康になる!体臭は野菜中心の生活で抑えられる!などなど本の帯に記載されています。 


今までの、常識をくつがえす考え方に驚く!!

どんなことがあっても、走らない!痩せたい人はスポーツはしない!ゴボウは最強の若返り薬!何を食べてもよい「一日一食」!休肝日で肝臓は回復しない!「飢え」と「寒さ」で脳細胞は再生する!などなど


生活習慣の改善によって、体が若返る理論の本でした。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く