グーグルのようなプラットフォームを作るのに役立つプラットフォーム戦略!

5937viewsshumaishumai

このエントリーをはてなブックマークに追加
たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考

はじめに

プラットフォーム戦略とは、複数の関係するグループを「場」あるいは「舞台」にのせることで、外部ネットワーク効果を生み出し、一企業という枠を超えた、新しい事業のエコシステムを作り出す、経営戦略のこと。
「一人で1億円のビジネスを作るのではなく、10人で100億円のビジネスを作りましょう」

ポイント

・勝てるプラットフォームとは、
1.自らの存在価値を創造できているか。 検索ならグーグル、オークションならヤフオクのような。
2.場に参加してもらう人や会社の間の交流が活発かどうか
3.クオリティコントロール ルールと規範を作り一定の質を保つこと

・プラットフォーム創造のフレームワーク
STEP1 社会の変化、規制緩和という大きな流れをとらえて不満を探す
STEP2 ターゲットとなるグループを特定する
STEP3 プラットフォーム上のグループが活発に交流する仕組みを作る
STEP4 キラーコンテンツを用意する
STEP5 価格戦略を立てる
STEP6 価格以外の魅力をグループに提供する
STEP7 プラットフォーム上のルールを決めて管理する

・新・プラットフォーム思考で、まわりを見方につけたリーダーに
【鉄則1】 若い人をひとりの人間として認め、リスペクトする → 若い人の方がITや流行に敏感なことも
【鉄則2】まずはビジョン&ミッションを理解する
【鉄則3】ランチ雑談ヒアリングで、個々を把握する
【鉄則4】「自分の強み」を発見してもらう
【鉄則5】適材適所でプロを育てるあ
【鉄則6】放任と管理のバランスをとる
【鉄則7】3か月以内に、一目置かれる成功体験を作る
【鉄則8】小さな仕事をおろそかにさせない
【鉄則9】ベストプラクティスや情報、名刺を共有する
【鉄則10】ベストプラクティスを競い合う仕組みを取り入れる
【鉄則11】ほめてばかりいる必要はない
【鉄則12】仕事の最大の報酬は「仕事」。サラリーマン根性を捨てる
【鉄則13】苦手な上司や部下にこそ話しかける
【鉄則14】説得せず相談する
【鉄則15】自分だけの手柄にしないでまわりに感謝する

・プラットフォームを作るためのアライアンスを成功させる12の鉄則
【鉄則1】エバンジェリストになる
【鉄則2】自分の主張より相手の主張
【鉄則3】ギブ・ギブ・ギブ&テイク
【鉄則4】損して得とれ! 目先の利益にこだわらない
【鉄則5】ライバル他社をも巻き込む
【鉄則6】交渉上手は、いいくるめない
【鉄則7】交渉とは相手を打ち負かすことではない
【鉄則8】自分一人でアライアンスを組もうとしない
【鉄則9】第三者への相談で活路を開く
【鉄則10】ムリにアライアンスをする必要はない
【鉄則11】交渉シミュレーションを行う
【鉄則12】最後に勝負を決めるのは「事業にかける情熱」

・プラットフォームを広げる、社外人脈の築き方
【鉄則1】良き出会いを生み出す5つの手段を実践しよう
【鉄則2】「なにをしたいか」「どう貢献できるか」を積極的に発信せよ!
【鉄則3】優先するのは、自分の話より、相手の話
【鉄則4】自分ができる最大限のことを提供する
【鉄則5】波長が合わないキーマンより、想いをシェアできる人を選ぶ
【鉄則6】昔からの知り合いを大事にしよう

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く