病気にならない腹6分目健康法のルールとメリット

3331viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
病気にならない腹6分目健康法 (中経の文庫)

概要

病気にならない防ぐ腹6分目健康のすすめ

腹6分健康法

■現代人は食べすぎで腸が働いていない
 ・病気の原因は食べ過ぎにある
 ・腸の腐敗菌が増え、赤血球の機能障害によって消化不良
 ・消化できない残留物で腸が汚れている

■腸は免疫が下がると病気になる
 ・腸は免疫をつくる作業をしている
 ・小腸・空腸・回腸70%、大腸10%合わせて全身の80%の免疫作業を腸が担っている
 ・免疫システムを担う腸が働かないと免疫力全体が下がり、病気になる

■腹8分目ではなく腹6分目を
 ・「腹8分目に病なし」と昔からのことわざがある
 ・昔は1日2食で質素な食事だったので、腹8分目がよかった
 ・今は1日3食だから昔の腹8分目は今の腹6分目に相当する

腹6分目によるメリット

■4つのメリット
 ・健康になる(病気になりにくい)
 ・老化のスピードをゆるめる(腸の免疫が高いので老けにくい)
 ・美肌効果(腸が働くと細胞の入れ替わりが滞らない)
 ・寿命ものばす(カロリー制限をしたほうが寿命がのびる)

積極的に食べたい食事

■生の果物
 ・生の食事を食べたほうが健康で長生きできる
 ・ビタミン、ミネラルなど活性酸素をやっつける物質が多い
 ・酵素が多く含まれ、消化力を助ける
 ・エネルギーとなる果糖やアミノ酸、質の高い脂肪も含まれる
 ・消化が早く、体内に負担もかけない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く