脳の専門医が教える40代から上り調子になる習慣

49483viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳の専門医が教える 40代から上り調子になる人の77の習慣

概要

脳の専門医が教える40代から上り調子になるために知っておきたい習慣

イメージ体験

■『Google Earth』で旅をする
 ・さまざまな分野に知見を広めるためには旅が最高の体験
 ・頻繁に旅行できないので『Google Earth』で旅を疑似体験してみる

運動

■1日8000歩をめざそう
 ・ウォーキングなどの有酸素運動はセロトニンを分泌を促す
 ・セロトニンが分泌されると前向きな気持ちや活動的になれる
 ・太ももの大きな筋肉も動かすことになり成長ホルモンも分泌される
 ・成長ホルモンで新陳代謝活発になったり、水分保持力も高まる
 ・歩行時の脳波はよろこびを感じるときと似ていて幸福感も得られる

■太ももの筋肉は、夜、鍛えよう
 ・筋トレしたあとに成長ホルモンは高まり、睡眠中にはさらにアップする
 ・筋トレするは、夜に行うのが理想的

生活・体験

■魚屋さんで楽しもう
 ・動物園や水族館で生物を見ると、驚き一杯で新鮮さを味わえる
 ・動物園や水族館はなかなか行けないので魚屋さんへいってみる
 ・切り身になっていない魚も多く、形のディテールを見るだけでも、発見がたくさんある

■いつもと逆周りに散歩しよう
 ・道順を逆周りにするだけで、脳にはさまざまな刺激が入る
 ・逆から眺める景色には、空間認知能力も高める

■アイドルの写真を持ち歩こう
 ・大好きな人の映像を見るだけで、脳内のドーパミンが分泌される
 ・免疫力を高める体内のNK細胞(ナチュナルキラー細胞)も活性度も増す

手・指

■お休みの日はワイングラスを磨いてみよう
 ・手指を繊細に動かす作業は、脳にとって非常にいいトレーニング
 ・ワイングラスは普通のグラスを磨くよりもデリケートな動きが必要
 ・高度な動きを求められるので、脳も鍛えられる

遊び・学び

■トランプで遊ぶ
 ・トランプで遊ぶには、記号や色などを瞬間的な判断が必要
 ・数字を基準に分けるなどの遊びも、手先を使うので、脳を刺激する

食事

■カツオブシをどんどんトッピングしよう
 ・青魚に含まれるDHAは脳にも体にもいい
 ・カツオブシはカツオよりもDHAが多く含まれている

■よく噛んで食べるメニューを選ぶ
 ・咀嚼をすると、大脳・小脳の血流が上昇し脳を活性化する
 ・2時間後にFGFという成長因子の量がピークを迎え、記憶力や集中力も高まる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く