日々の見慣れた世界が少し不気味で不思議に見えてくる珠玉の短編「 東京奇譚集」の感想

2123viewsAtsushi SakaiAtsushi Sakai

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京奇譚集 (新潮文庫)

感想

村上春樹の作品のすごい所は,

かなり突拍子のないストーリでも,

それが自分のような平凡な生活をしている人にも

振りかかるようなことではないかと思わせることでしょう.

だから,その世界を覗きたくなる.

そのような不思議な世界が自分の周りにも

広がっているかもしれないと訝しむ.

そして,実際に見慣れた世界がすこし違ったように見える.

これが村上春樹の作品のすごい所だと思います.

眠れない,静かな夜にぴったりの一冊です.

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く