肉を食べると健康になる理由!肉食の効果とは

4894viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
肉を食べると健康になる (中経の文庫)

概要

肉は長生きの秘訣であり、ストレスの多い現代を元気に生き抜くためには必須の食事だった!

肉食は健康にいい

■100歳以上ほど肉を食べている
 ・日本人の100歳以上は日本人全体の平均よりもたんぱく質を取っている
 ・総たんぱく質に占める動物性たんぱく質の量も100歳以上が多い
 ・長寿ほど肉や魚介類、卵、乳製品など動物性たんぱく質を食べている

■肉食で寿命がのびている
 ・1950年以降日本人のたんぱく質と脂肪摂取量は年々増えている
 ・1950年以降増加する時期の平均寿命ものびている
 ・世界の寿命を調査しても、脂肪の消費量が多い国が寿命が長い

肉食の効果

■必須アミノ酸で元気になる
 ・たんぱく質を構成する20種類の必須アミノ酸
 ・20種類のうち9種類は体外からしか取れない
 ・肉を食べるのが効率よく必須アミノ酸を摂取するにはよい
 ・9種類のなかのトリプトファンはセロトニンの原料
 ・セロトニンが不足するとうつ病になりやすい

■コレステロール値が下がる
 ・飽和脂肪酸はコレステロール値を上げる危険因子と思われていた
 ・飽和脂肪酸の一種であるステアリン酸には逆にコレステロール値を下げる機能があった
 ・肉にはそのステアリン酸が多く含まれている

■血圧の上昇を抑える
 ・肉に多いメチオニンや内臓肉に多いタウリンなどの含硫アミノ酸
 ・含硫アミノ酸には血圧効果作用があり、脳卒中を減らす働きがある

■免疫力を高める
 ・免疫力を高めるNK(ナチュラルキラー)細胞
 ・肉のたんぱく質は他のたんぱく質よりもNK細胞を活性化させる働きがある

■体温を高める
 ・低体温だと免疫力が下がるので、重い病気を発症しやすい
 ・肉を食べると身体を温める効果があり、低体温を防ぐことができる
 ・特に鶏肉は体温を上げる効果が高い

■疲労回復
 ・鶏肉に含まれるイミダゾールペプチドという成分がある
 ・イミダゾールペプチドには抗疲労効果がある

■肉を食べても太らない
 ・高たんぱく質な食事をすると痩せる
 ・肉を食べるとセロトニンが出る
 ・セロトニンは満腹中枢を刺激して「食べたい」という欲求を減らす
 ・カルチンという成分も多く含まれ、脂肪を燃焼させる効果もある

■至福感ももたらす
 ・肉にはアラキドン酸が含まれ、アナンダマイドという物質を作る
 ・アナンダマインドが脳に作用すると、幸福感や活力を与える
 ・ストレスや不安、恐怖心といったネガティブなものから心を守る効果もある

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く