できる人は「1秒」で記憶する!記憶力がいい人が実践している記憶術

11891viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
できる人の「1秒」記憶術 (成美文庫)

概要

記憶力がいい人が実践している記憶術

記憶フィルターをセットする

■記憶フィルターをセットする
 ・記憶術=整理術
 ・どうやって記憶しようと考えるかよりも、記憶しやすくどう整理するか

■記憶フィルターをセットする8つのポイント
 ・要約:「要は○○」とタイトルをつけて内容を整理する
 ・選択:重要な情報は意識付けしておぼえる
 ・着眼:どこがポイントかを常に意識する
 ・印象づけ:うれしい、悲しい、感動したなどは忘れない(ストーリー化する)
 ・連結:身近なものと関連付けて覚えると思い出しやすい
 ・想起:日頃から思い出す習慣をつける
 ・整理:簡単な図にしてみると整理され記憶しやすい
 ・忘却:忘れたいことは気にかけない(思い出すから、記憶は定着してしまう)

メールは頭から読まない

■メールは2Wや3Wだけに絞り込む
 ・2W:Who(誰)とWHAT(要件)
 ・3W:Who(誰)とWHAT(要件)とWHEN(いつまで)
 ・頭から全文を1字1句詠むから整理もできないし時間もかかる
 ・2Wや3Wに要約することで短時間で覚えられる

長いデータは一口サイズにする

■長文は要約する
 ・「着眼→連結→整理」の3つの作業工程を要約力
 ・要約することで、読む文字の量や時間を減らせ、記憶しやすい
 ・「要点は?」「一言で言うと?」と口癖にすると要約力が高まる
 ・文章にタイトルをつけるのも要約力を高めるいい訓練

頭に残るメモのつけ方

■頭に残るメモのつけ方3つのポイント
 ・頭に日付、時間、場所、相手の名前、目的などを書く(思い出しやすい)
 ・簡単な文書で書く(長く書くとポイントが絞れない)
 ・図式化する(頭の中を整理しやすい)

難関試験を突破する記憶法

■テキストは4色に分ける
 ・問題の提起:オレンジ色
 ・その解答:緑色
 ・解答の理由:黄色
 ・例外:ピンク色

■速読即解記憶術「拾う読み方、捨てる読み方」
 ・例「緑色(解答)だけを読む。問題提起、回答の理由、例外は読まずに思い出す」
 ・一部だけ、読むことで読んだところは記憶力がアップ
 ・読まずに思い出すことで、読まないところも記憶力がアップ
 ・読んで覚える時間を短縮でき、余った時間で何度も繰り返すと記憶は定着する

■意味づけ記憶を使う
 ・条文は要約を見つけ、タイトルをつけて要約してみる
 ・要点を見つけたら、要点を連結して覚える
 ・うまくまとまらないときは、身近な例を置き換えてつなげてみる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く