3時間超「熟眠」で人生“まるまる2倍”得する法!簡単にショートスリーパーになるコツ

71039viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
3時間超「熟眠」で人生“まるまる2倍”得する法―脳を200%活性化し、丈夫な体をつくる!

概要

人生の時間を長くして楽しむための短時間睡眠方法

簡単にショートスリーパーになるコツ

■ストレスが問題
 ・ストレスが多いから現代人は慢性的な睡眠不足

■ショートスリーパーのメリット
 ・睡眠時間が短いので、1日に使える時間が増える

■ショートスリーパーになれるたった2つのコツ
 ①睡眠前にストレスを取り除く
 ②リラックスする

眠りの質を上げる3つの習慣

■「太陽の光」と「リズム運動」の効能
 ・太陽の光を浴びるとセロトニン神経が活発化する
 ・セロトロニンは体内時間をリセットする効果がある
 ・リズム運動:歩く、自転車に乗る、噛むなどの規則正しい運動
 ・リズム運動をしてもセロトニン神経は活性化する

■質の高い眠りをする3つの習慣
 ①朝起きたらすぐに太陽の光を浴び、リズム運動をする
 ②食後に30分程度リズム運動をする
 ③寝る前にかならずリラックスをする

熟睡できる食事

■たくさん食べるなら夕食は夜7時間までに
 ・夜7時までに済ませれば就寝までの3~4時間には消化が終わる
 ・内臓をつかさどっている副交感神経が就寝中に休める

■セロトニンの材料であるトリプファンをとる
 ・トリプファンはセロトニンの材料で、体外からとれない
 ・大豆、納豆、豆腐、味噌、醤油などの大豆製品に多い

■合成にかかせないビタミンB6
 ・トリプファンからセロトニンに合成するにはビタミンB6が必要
 ・サンマ、カツオ、マグロなどの魚類、豚肉、レバー、玄米なども食べる

睡眠の質の上げるためのテクニック

■起床時間を決める
 ・体内時計は太陽の光でリセットされる
 ・就寝時間も大事だが、起床時間は一定にすることがもっと大事

■食事ではよく噛む
 ・噛むことはリズム運動になるのでセロトニンも分泌される

■寝る3時間前は飲まない、食べない
 ・寝る3時間以内に飲食すると内臓が休めない
 ・寝る前の食事は熟睡の大敵

■寝る前は激しい運動をしない
 ・人が眠くなるのは体温が下がるから
 ・興奮や運動によって交感神経が活発になると体温が上がり眠くならない
 ・運動は就寝2時間以上に済ませ、リラックスを心がける

■香りの力を使う
 ・アロマオイルで心地良い睡眠が得られる
 ・寝るときは、ラベンダー、ネロリ、フランキンセンスが効果的

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く