効率的に成果を出し続ける考え方やスキル

2954viewsatsumoatsumo

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラクに勝ち続ける働き方

一見軽そうなタイトルだが、
・ラクに 時間効率がよい
・勝ち 結果を出す
・続ける 持続可能
というワークライフバランスを支える、効率的に成果を出し続ける考え方やスキルが学べます。

☆背景

時間に頼った労働生産性の低い日本
高齢化社会に伴う介護などの時間制約

☆標題

・ラクに
時間効率がよい
・勝ち
結果を出す
・続ける
持続可能

IT化で
ビジネス上のノウハウやスキルの賞味期限はどんどん短く。

☆求められる人材

・結果に対する責任感が強く、プロセスの設定、管理がうまい
・他のメンバーの力を引き出したり、成長をサポートしたりする
・新しい視点と発想で組織に刺激
・コミュニケーション能力に優れ、まわりを巻き込む
・安定した結果をだし、成長し続けられる
・指示をまつだけでなく、自分から課題を発見、解決できる
・ピンチに対応できる余裕と糊代を持つ

☆身に付けるための条件3

・働き方の発想を転換し、自分の五年後、十年後をイメージ
・仕事における時間あたりのアウトプットを高める効率化スキルを身に付ける
・体調とメンタルをコントロール

☆発想の転換「舵」

・一人勝ちではなく相手を信じ、周囲からの反応を大事にする
・制約を肯定的に捉える。同時並行のほうが時間を意識し、効率的だったりする。
・個人プレーより、チームプレー。

☆効率化スキル「推進力」

・課題設定
憤りリスト。憤りを感じたことを書き出し、少しおいてポジティヴなコトバに変えてみる。

・課題設定
簡単ロジックツリー。内的要因と外的要因にわけて原因を書き出す。そのなかで、特に内的要因を解決。

・プレゼンテーション力
ヒアリング重視
いきなりパワポを立ち上げず、起承転結で構成をつくる。
課題⇨解決策⇨未来像

・段取り力
複数のことを順番に同時にこなし、
何事もすぐにとりかかり、八割の仕上がりを目指す

・段取り力
仮締め切り法。仮の所要時間をきめ、できたところまでで、一回手をはなす

・段取り力
目的聞き出し術。はじめから目的を聞くと、理由がハッキリしないとうけとらないぞ、という印象をあたえるので、途中でさりげなく聞く。

・情報収集
全方位アンテナ。わかりきってる、関係ない、と思わない
情報は量より受け取る姿勢。

☆体調とメンタルコントロール

・一日八時間ルール。気力と体力を振り絞って仕事を、すると一日八時間が限界。それくらいであれば一日で回復。

・メンタルコントロール
とりあえず笑顔術。

・メンタルコントロール
ストレスシェア。この仕事は自分しかできないという意識を捨て情報や問題意識を共有し、部下に自分と同じ立場を経験してもらう。

☆家庭マネジメント

・家事ポイント性
・家事や育児で完璧を目指さない
・泳がせ術。意地になるのをさけるため、軽くそのことにふれたら結論を出さずに一度およがせると、近づいてたりする。

感想

ビジネスのスピードが加速していく中で何をコアコンピタンスとしていくか、また、ワークライフバランスの土台である基本的なビジネススキルセットを身につけるるうえでも仕事に対する考え方を
見直すきっかけになる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く